Help us understand the problem. What is going on with this article?

github.ioを使ってMySiteを作ろう

More than 1 year has passed since last update.

初めまして。

最近Qiita始めて、自己紹介でも投稿しようと思いました。

ですが、ここはQiita

どうせなら技術系な事でも書きながら自己紹介でもしようという事で今回の記事に至ります。

※注意事項
GitHubのアカウントを持っている。
 html,css,JSの知識がある。

以上の2点はすでに用意してあるという事で話を進めさせていただきます。

では、さっそく本題に入っていきましょう。

github.ioとは??

githubにindex.htmlを送る事で簡単に自分のサイトを作る事ができるといった感じです。

今回自分が作った奴のリンクを貼っときますので、もしよかったら見てください
twitterフォローして下さい。なんでもしますから。

MokeeeMokeee.github.io

作り方

まずNewRepositoryを作成しましょう

[username].github.ioという名前で作りましょう。

[username]の所は自分のGitHubの名前にしましょう。

自分の場合はMokeeeMokeee.github.ioになります。

gtihub.io.image.png

そしたら次はindex.htmlを作りましょう。
terminalでのやり方を載せときます。

terminal
$ cd
$ mkdir github.io
$ cd github.io
$ vim index.html

今回はホームディレクトリにgithub.ioというディレクトリを作成し、その中にindex.htmlという名前でvimで作成しました。

やり方はなんでもいいのですが、あとでaddcommitしたりcssを使う人はわかりやすいところにディレクトリを作り、その中で作業するとわかりやすいと思います。

index.html
<html>
  <head>
    <meta charset='utf-8'>
    <title>タイトル</title>
  </head>
  <body>
    <!-- ここに書きたい内容を書く -->
  </body>
</html>

あとはhtmlの書き方をすれば大丈夫です。

cssを使用する場合もlinkを使って参照すればcssを読み込ませることもできます。

また、動的なWebページを作りたい場合はJSも参照させたりすれば使えます。
※JSに関してはServerに依存する処理を行うものはできない場合があります

terminal
$ git add index.html
$ git commit -m "commit Messege"
$ git remote add origin https://github.com/[UserName]/[UserName].github.io.git
$ git push origin master

terminalの方で作成したindex.htmlをadd,commitを行いました。

詳しいやり方はNewRepositoryを作成した時にコマンドが書いてあるので、それを参照して下さい。

github.io.image.2.png

pushできているかを確認しましょう。
※ 自分は画像とCSSを使用しているので画像のようになっています。index.htmlのみをadd,commit,pushした場合はindex.htmlが表示されているはずです。

それでは、最後にChrome,firefoxなどを開いてURLを打ってみましょう

URL = UserName.github.io と入力
※ 自分の場合はMokeeeMokeee.github.io

そしたら表示されましたか?

これで完成です!!

あとは自分のお好みでカスタムなどを行なって自分だけのサイトを作って見て下さい!!!!

おわりに

いかがだったでしょうか?
自分はgithub.ioを知るまでクラウドでサーバを借りてやってたり...
本当に楽です!!

Qiitaを書くのは初めてでどうすれば見やすいか?
わかりやすい書き方はどんな感じか?
など、まだまだ課題はいっぱいありますが温かく見守ってくれればと思います。

よろしくお願いします:innocent:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away