3
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

Power Virtual Agents for Teams の顧客満足度調査メッセージ「あなたのエクスペリエンスを1から5で評価してください」をカスタマイズする方法

はじめに

Power Virtual Agents には、利用者からのボット評価機能があります。
↓ これです。

image.png

この機能は、チャットボットに対する利用者の評価を、ボット管理者が受取ることのできる大切な機能です。
が、ご覧のとおり、質問内容がイマイチわかりにくく、ユーザーに親切でないですよね。
「エクスペリエンス」という言葉は残念ながら、そこまで浸透はしていないと思います。
これでは評価されるチャンスを自ら逃しているようなものです。

さらに、上記の表示は、Power Virual Agents 作成時の「ボットのテスト」時のものですが、publish後にTeams上で表示される内容はもっと酷いです。

image.png

☆の表記すらなくなり、ユーザーに 1 ~ 5 の数字を直接入力させる仕様なのです

これはイケてない、イケてなさすぎです。

それなら・・・、とメッセージ内容を修正しようにも、Power Virtual Agents の会話フローからは編集不可なのです。
image.png

八方塞がりな状況にも思えますが、この「あなたのエクスペリエンスを1から5で評価してください」メッセージの修正方法はあります。
その方法を記載します。

「あなたのエクスペリエンスを1から5で評価してください」メッセージについて

該当のメッセージは、チャットボットをdeployした状態でDefaultで存在する「確認された成功」トピックに含まれます。
「確認された成功」トピックは、「会話の終了」トピックに含まれます。

チャットボットとの対話の終了時に「会話の終了」トピックへリダイレクトすると、ユーザーの問題解決に至らなかった場合のヘルプデスクへのエスカレートや、チャットボットの評価を収集することが可能です。

image.png

今回のメッセージによるユーザーの応答は、顧客満足度としてボットに収集されます。
image.png

前提

PVAは、チャットボットのエクスポート/インポート機能が存在し、他のチームやテナントへのインポートが可能です。
また、現在のところ実装されていない、ボットのバージョン管理機能の代替として利用できます。

エクスポート/インポート方法は記事にしていますのでご参照ください
「Power Virtual Agents for Teams のチャットボットをテナント間でコピーする」

今回は、このエクスポートファイルを編集することにより、Defaultで用意されたトピックのメッセージを変更します。

実現方法

1. チャットボットをエクスポートする

ボットの評価メッセージを変更したいチャットボットをエクスポートし、ファイルを解凍します。

ボットのエクスポート方法は
「Power Virtual Agents for Teams のチャットボットをテナント間でコピーする」
を参照してください

2. エクスポートファイルを改変する

2-1. 「ボットのテスト」で表示されるメッセージを変更

[botcomponents]というフォルダ内には、トピック毎にフォルダが作成されています。
この中から、名前の末尾が"_confirmedsuccess"で終わっているフォルダを探し展開します。
image.png

[content.json]を開きます。
image.png
JSON形式でトピックの構成が記載されているのがわかります。

137行目辺りに「エクスペリエンス」の文言があります。
image.png
これは、Power Virual Agents 作成時の「ボットのテスト」で表示される情報です。
よく見ると、Adaptive Cards のペイロードになっていることがわかります。

あなたのエクスペリエンスを評価してください。 の記載を変更してしまいましょう!
image.png

2-2. Teamsで表示されるメッセージを変更

Teamsで表示されるメッセージは、145行目辺りです。

親のKey値が"msteams":配下のオブジェクトです。 "facebook":配下の値ではありません。

image.png
ここは、大胆に、2-1.で修正した、「ボットのテスト」で表示されるAdaptive Cards形式のメッセージに変更してしまいましょう!
2-1.で修正した行(137行目)を行ごとコピーします。
image.png
↑ ここから

↓ ここまで
image.png
次に、下図の行(145行目)へペーストし、内容を書き換えます。

image.png
↓ 貼り付け
image.png

さらに、貼り付けした行の1行上にある
"contentFormat": "PlainText", の Value を、

"contentFormat":"AdaptiveCard"

に変更します。

image.png

3. 修正したファイルをアップロードする

[content.json]を上書き保存し、[botcomponents]の階層の全フォルダをzip形式で再圧縮します。

圧縮する階層を間違えないようにしてください。インポート時にエラーになります。

image.png

その後、上記zipファイルを任意のチームにインポートします。

ボットのインポート方法は
「Power Virtual Agents for Teams のチャットボットをテナント間でコピーする」
を参照してください

インポートしたチャットボットを確認

インポートしたチャットボットを Teams で動作させると、以下のように表示されます。
image.png

まとめ

作成したチャットボットの精度を高めるためには、ユーザーからの評価は必須です。
このテクニックを活用し、ユーザーが評価したくなるような、メッセージに変更してみてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
3
Help us understand the problem. What are the problem?