LoginSignup
14
5

Arch + KDE 6 (Wayland) で日本語入力環境を少しでもまともにする

Last updated at Posted at 2024-03-20

2024/04/12追記: 手順を変更しました

これまでの記事では、Fcitx5とIBusを導入することで無理やり日本語入力に対応させていましたが、いつの間にかFcitx5のみで動作するようになっていたため、記事を少し書き換えました。

はじめに

Arch系のディストリビューションであるEndeavourOSにKDE6をインストールしたのですが、ほぼすべてのアプリケーションで日本語入力を行えるような環境の構築に苦戦したため、メモを残しておきます。

環境

OS: EndeavourOS Galileo Neo
DE: KDE Plasma 6.0.3 (Wayland + Xwayland)
Kernel: 6.8.1-arch1-1-surface

前提

Arch + KDE6 + Wayland(+Xwayland) の環境を想定しているため、これ以外の環境では異なる手順となる可能性があります。

手順

パッケージの導入

まずはpacmanやyay等を用いて、fcitx5-imfcitx5-mozcをインストールします。
fcitx5-imはFcitx5系のパッケージ4つが含まれています。

バニラMozc版
$ yay -S fcitx5-im fcitx5-mozc

変換精度を高めたい場合は、代わりにfcitx5-mozc-utをインストールして、UT辞書を使用してください1。(ただしバニラMozcよりもビルドに時間がかかります)

途中で表示されるMozcのフレーバー選択では、mozcではなくmozc-utを選んでください。

UT辞書Mozc版
$ yay -S fcitx5-im fcitx5-mozc-ut

IBus系パッケージが導入されている場合は削除しておくことをおすすめします。

環境変数の調整

次は/etc/environmentに環境変数XMODIFIERSの設定を追記し、アプリケーション側にfcitxを使うように指示します。

$ sudo nano /etc/environment
/etc/environment
# ... (略) ...
XMODIFIERS=@im=fcitx

XMODIFIERSにはfcitx5ではなくfcitxを指定します。
また、今回はGTK_IM_MODULEQT_IM_MODULE設定しないでください2

KDE設定の調整

再起動後、KDE システム設定を開きます。
左側のメニューからキーボード>仮想キーボードを開き、Fcitx 5を選択します。
(Fcitx 5 Wayland ランチャー…でも動作します)
image.png

左側のメニューから入力メソッドを開き、入力メソッドを追加…からMozcをリストに追加します。
image.png

必要であれば、この画面にあるグローバルオプションを設定…からキーバインド等を変更してください。(私は入力メソッドのオン・オフに変換無変換を割り当てています)
image.png

もう一度再起動し、日本語入力が行えるようになっていれば成功です。

Chromium/Electron周りの調整

Chromium/Electronを用いたアプリケーションには、追加の引数 --enable-features=UseOzonePlatform --ozone-platform=wayland --enable-wayland-ime 3 を付与しておくことで、より確実な日本語入力を行えます。

一時的に引数をつけて起動
$ vivaldi --enable-features=UseOzonePlatform --ozone-platform=wayland --enable-wayland-ime

普段から使用するアプリの場合はデスクトップファイルごと編集しておきます。

/usr/share/applications/vivaldi-stable.desktop
  # ... 略 ...
  Comment[zh_TW]=連線到網際網路
- Exec=/usr/bin/vivaldi-stable %U
+ Exec=/usr/bin/vivaldi-stable --enable-features=UseOzonePlatform --ozone-platform=wayland --enable-wayland-ime %U
  StartupNotify=true
  # ... 略 ...
  • --enable-features=UseOzonePlatform --ozone-platform=wayland: XwaylandではなくWaylandネイティブで動くようにする
  • --enable-wayland-ime: Wayland上でIMEを使用できるようにする

おわりに

こちらの環境では、 Vivaldi (Chromium)、Discord (Electron)、Toolbox版のIntelliJ IDEA CE (Java)、Prism Launcher (Qt)、GNOME Calculator (GTK) などのアプリケーションで日本語入力が行えることを確認できました。

ただし、Chromium/Electron系アプリは前述の引数を指定しておかないと、ポップアップウィンドウの位置がずれたり、入力中の内容がアプリウィンドウに組み込まれなかったり、入力した文字の一部が補足されずそのままアプリに流れたりといった具合に、若干挙動が怪しくなります。(入力できないよりはマシ)

もっとスマートな解決法がありそうですが、私が試したのはここまでです。

  1. https://wiki.archlinux.jp/index.php/Mozc#UT_.E8.BE.9E.E6.9B.B8

  2. https://fcitx-im.org/wiki/Using_Fcitx_5_on_Wayland#KDE_Plasma

  3. https://fcitx-im.org/wiki/Using_Fcitx_5_on_Wayland#Chromium_.2F_Electron

14
5
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
14
5