Node.js
WebGL
GIS

deck.glを試す

More than 1 year has passed since last update.

UberがオープンソースとしてリリースしているWebGLベースのマップビジュアライズエンジンを試してみました。

以下がソースのサイトですが、しっかりと、Examplesなどもあり、開発者にやさしいサイトになっています。
https://uber.github.io/deck.gl/

image.png

deck.glをインストール

node.js / npm がインストールされていればすぐにできます。
lumaという同じくWebGLベースのレンダリングエンジンをインストールする必要があります。

npm install deck.gl luma.gl

エラーが出るので、react もインストールしておいた方がよいようです。

deck.glを実行

上記のgithubからexampleを入手し、exapmpleフォルダにて

npm install

とインストールを行い

npm start

で実行できます。localhostで立ち上がります。

image.png

Windowsでも特に大丈夫でした.
Mapboxのアクセストークンがないと地図が表示されませんので、予め取得が必要です。

パフォーマンステスト

スキャッタプロットを何十万点もやるテストが用意されています。1M pointsならロードからブラウズまで非常に高速です。10Mですとローディングに時間がかかりますが、レンダリングはなめらかです。

image.png