Help us understand the problem. What is going on with this article?

【システム設計】システム開発の際に用意すべき環境

システム開発を実施するにあたり、
最低でも3つの環境(開発、ST、本番)を用意することが望ましい。
大規模かつ長期間運用するようなシステムでは、4~5種類程度作成する。

  • 開発サーバ(開発環境)
    →開発者が開発・単体テストを行う環境。

  • 検証環境(テスト環境)
    →単体テストが完了し、結合テストを行うための環境。

  • ステージングサーバ(ST環境、OT環境、デモ環境)
    →ステージングには、結合テストが完了した機能がデプロイされる。
    要件を満たしているか、実際の運用をするにあたって支障がないかなどを確認・レビューする。

  • リハーサル環境(保守環境)
    →本番と全く同じ構成の環境を用意して、本番と同じ状況の環境。

  • プロダクションサーバ(本番環境)
    →実際のユーザ(顧客)がシステムを利用する本番環境。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした