Help us understand the problem. What is going on with this article?

誤ってGCPのデフォルトサービスアカウントを削除してしまった場合の復元方法

サービスアカウントとは

GCPには各アカウントによって権限が割り当てられています。
そしてそれらはメールアドレスと紐付けられています。
そして、プロジェクトを作成すると自動的に「デフォルトサービスアカウント」というものが作成されます。

ここで厄介なのが、このデフォルトサービスアカウントは自分で簡単に削除することができるものの、他のサービスアカウントをデフォルトに変更することができません。

つまり、誤ってデフォルトのサービスアカウントを削除してしまった場合、すべてのGCPプロダクトからのアクセスがリジェクトされます。

解決法

$ gcloud beta コマンドを使ってサービスアカウントを復元します。
もし削除から30日以上立っていた場合は復元不可能ですので諦めて新しいプロジェクトを作成しましょう。

1. 削除したサービスアカウントのIDを探す

GCPログを見て削除時のログを探します

検索バーにtext:"DeleteServiceAccount"とか打つとすぐ出てくるかも。
出てきたログからIDを捕まえます。

2. betaコンポーネントを追加する

$ gloud components install beta
$ gloud components update

3. 復元

$ gloud beta iam service-accounts undelete <アカウントID>

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした