Macでローカル環境にWordpressをインストールする時の手順を解説します。

すでに多くの先人が同じような記事を書かれていますが、
OSとMAMPともに最新のバージョンでインストールしたのと
自分への忘備録も兼ねて、ここに記事を残しておきます。

試した環境は
・Macbook Air(13-inch, Early 2015)
・OS X El Capitan(10.11.2)
・MAMP 3.5 (Mac OS X)
・WordPress 4.4
です。

まずはMAMPの公式サイトに行き、最新のインストーラを取得します。

1. MAMPインストール

MAMPダウンロード
https://www.mamp.info/en/downloads/

1.png

ダウンロードしたインストーラを起動します。
2.png

3.png

4.png

MAMPのインストールが完了したら、MAMPを起動します。
初回起動のときに下記のようなウィンドウが出ますが、
「MAMP起動時にMAMP PROを確認」のチェックボックスのチェックを外して
「MAMPを起動」を選択します。
5.png

MAMPが起動します。
6.png

まずは「サーバを起動」をクリックして、ApacheとMySQLを起動します。
7.png

正常に起動するとブラウザが立ち上がって
MAMPのスタート画面が表示されます。
URLは
http://localhost:8888/MAMP/?language=Japanese
8.png

これでMAMPは使える状態になったので、
WordPressに必要なデータベースの設定をします。

2. MySQL設定

MAMPのスタート画面のタブにある「ツール>phpMyAdmin」をクリックします。
9.png

phpMyAdminの画面が表示されるので、「データベース」タブをクリックします。
10.png

phpMyAdminでデータベースを作成します。
名前は任意ですが、ここでは「wordpress」で作成します。
11.png

これでデータベースが正常に作成できれば、準備OKです。
12.png

3. WordPressインストール

今度はWordPressをダウンロードします。

WordPressダウンロード
https://ja.wordpress.org/

13.png

ダウンロードしたzipファイル(wordpress-4.4-ja.zip)を解凍し、
Apacheのドキュメントルート(デフォルトは/Applications/MAMP/htdocs/)に
解凍したwordpressフォルダを配置します。

14.png

ブラウザで先ほど配置したWordPressにアクセスします。
http://localhost:8888/wordpress/

すると下記のような画面が表示されるので、
「さあ、始めましょう!」をクリックして先に進みます。

15.png

するとWordPressで使用するデータベースの情報を入力する画面になるので、
下記のように入力して、「送信」をクリックします。

データベース名:wordpress(準備で作成したDB)
ユーザー名:root
パスワード:root(MAMPの初期パスワード)
データベースのホスト名:localhost
テーブル接頭辞:wp_

16.png

先ほど設定したデータベースに問題なく接続できれば、
下記のような画面が表示されるので、「インストール実行」をクリックします。

17.png

必要情報の画面が表示されるので、
「サイトのタイトル」、「ユーザー名」、「パスワード」、「メールアドレス」を
入力し、「WordPressをインストール」をクリックします。
画面にも書いてありますが、ここで入力した情報は後で変更できます。

18.png

インストールが無事成功すると、下記の画面が表示されるので
「ログイン」をクリックします。

19.png

WordPressのログイン画面が表示されるので、
先ほど入力した「ユーザ名」と「パスワード」を入力して
WordPressにログインします。

20.png

WordPressのダッシュボード画面が表示されれば、
WordPressのインストールは無事完了です。

21.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.