AWS

AWSソリューションアーキテクト-アソシエイト受験体験談(2019年5月)

2019年5月末にAWSソリューションアーキテクト-アソシエイトに合格したので所感を記載します。


目次


  1. 受験のメリット

  2. 試験概要

  3. 勉強方法

  4. AWSの構成

  5. 主要サービス紹介

  6. 試験当日の注意事項


受験のメリット


  • AWSのサービスについてある程度知ることができる

  • AWSのサービスを利用したユースケースについて知ることができる

  • AWS認定試験合格者しか手に入らないグッズを購入できる


試験概要

下の資格に「クラウドプラクティショナー」、

上の資格に「ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル」があります。

アソシエイトはその中間に位置し、アプリケーションの構築・デプロイ面が中心です。

同列の資格として「デベロッパーアソシエイト」などもあり、こちらは開発向けです。


受験料

2019年6月時点で15,000円(税別)


勉強方法


  • 書籍紹介

  • Black Belt(公式動画)

  • 公式サンプル問題

  • 公式模擬試験

  • Udemy


書籍紹介

自分は以下を使用

AWS教科書

1周目は熟読してサービス概要を知り、

2周目は問題を解く

3周目は苦手分野を中心に復習


→とにかく電車移動中などの隙間時間はずっと読む!!!


Udemy

こちらの講座を受講しました。

手を動かす時間がなかったため、解説と模擬試験を利用しました。

構築の知識を身につけたいので後で再実施します。

https://www.udemy.com/aws-associate/


Black Belt(公式動画)

正直見る時間が取れませんでしたが、公式で提供してくれているので余裕があれば見てください。


AWS Black Belt


公式サンプル・模擬試験

模擬試験は2000円で受験できます。

ある程度自信がついてからの受験をおススメ!

※間違えた問題を振り返ることができないです

※間違えた分野のパーセンテージは確認できます

公式サンプル問題は少ないですが問題と解答があります。

公式サンプル問題


AWSの構成 ※重要

以下の用語はしっかりと理解してください。

冗長化やスケーリングする際に分かっていないと問題も解けないし、構築もできません。

リージョンとAW

(公式より拝借)


リージョン(Region)

バージニア北部、東京など、実際のデータセンターがある場所を指します。

リージョンの中に複数のアベイラビリティーゾーン(AZ)が存在します。

■主な利用例(リージョンサービス)


  • VPC

  • DynamoDB

  • Lambda


アベイラビリティーゾーン(AZ)

リージョン内に複数存在し、単一のAZ内にEC2を立ち上げたり、

複数のAZにEC2を立ち上げて冗長化や負荷分散することができます。

※厳密にはELB使ったりしますが

AZはあくまでも同一リージョン内のため、仮にリージョンがある地域に災害等が発生した場合は

サービスの継続に影響が出る場合があります。

※複数AZが同時に使用できなくなることはそんなに無いと思いますが

■主な利用例(アベイラビリティーゾーンサービス)


  • EC2

  • RDS


主要サービス紹介


IAM

AWSの各サービスを使用するユーザーやグループの権限を制御するサービス。


EC2

仮想サーバーを提供するサービス。

LinuxやWindowsのOSを指定し、仮想サーバーを立ち上げることができる。


ストレージサービス


  • S3


    • Glacier



  • EBS


    • ストレージの種類も把握しよう!



  • EFS

各ストレージサービスの違いはしっかりと覚えてください。


データベースサービス


  • RDS, Aurora

  • Dynamo

  • Red Shift

  • Elasti Cache

各DBのユースケースをしっかり覚えてください。

特にAuroraとDynamoはAWSの製品なので覚えましょう!


スケーリング・冗長化


  • Auto Scaling

  • Cloud Front

スケーリング・冗長化の実現方法については重要です。


試験当日の注意事項

★本人確認証


  • 運転免許証

  • クレジットカード

私の場合は上記の2点を使用しました。

2点必要なので、事前にしっかり確認してください。

運転免許証は目の前のスキャナー?カメラ?にかざし、

クレジットカードは目の前のWEBカメラにかざしました。

★持ち物

本人確認証以外は持ち込み禁止でした。

★試験中の姿勢

私は平気でしたが、顔を覆ったりすると注意を受けるらしいです。

試験中はカメラで見られているらしく、チャットで指示が来ます。

以上です。

私はAWSの業務経験は有りませんが、これを期に少しずつ実務でも経験していきたいです。

受験される皆様を応援しています!