LoginSignup
2

More than 1 year has passed since last update.

[Laravel 8] JetStreamは「laravel new」コマンドで楽々インストール

Last updated at Posted at 2020-09-29

Laravel 8 が公開されました!(2020年9月上旬のことです)Laravel 8 では、認証機能パッケージに「Jetstream」が追加されました!

ちなみに、Laravel 8 系でも、今までのように認証機能作成の際に使用していた「Laravel/ui」パッケージを使用できます!選択する幅が増えたということで、自分にあった認証パッケージを選らんでくださいませ。

今回は、新しい認証パッケージである「Jetstream」をインストールするための紹介をしています。

Laravelインストーラーで楽々インストール

本家の公式 Jetstream ドキュメントによると、インストール方法は2種類あり、Laravel Installer を使用するケースと、composerコマンドを打ち込んでLaravelプロジェクトを作成するケースがあります。今回はLaravel Installerを使用していきます。

Laravel Installer でのインストール方法

まずは、composer を使ってLaravel Installerをインストールします。ちなみに、この「Laravel Installer」はLaravelのプロジェクト本体ではありません。インストーラですのでLaravelをインストールするためのプログラムです。

$ composer global require laravel/installer

Laravel Installerがインストールできました。この後、Laravelコマンドを使用できるように環境変数のPATHにLaravel Installerの場所を入力します。Windowsの場合は「システム環境変数」から自分のユーザー環境変数の「編集」をクリックして「新規」ボタンを押して、以下のようにLaravel Installerの場所を入力。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Composer\vendor\bin

実際に、Laravelコマンドが使用できるようになっているか、以下のコマンドでLaravel Installerのバージョンを確認してみてください。

$ laravel -v

バージョン情報が確認できたら、インストーラの設定は完了です。では、早速Laravel本体と一緒に認証パッケージのJetstreamをインストールしてみましょう。Jetstreamのインストールはプロジェクト名の後に --jet を付けてあげるだけです。

$ laravel new project-name --jet

インストール完了後、コマンド待ち状態になったら

$ php artisan migrate

をして準備完了!ようこそ、Jetstreamへ!(=゚ω゚)ノ

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2