Camundaの開発環境構築手順をItamaeで書いてみた

  • 1
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Itamaeの練習がてらに、ディベロッパーフレンドリーなBPMプラットフォーム「Camunda」の開発環境構築手順を書いてみました。デフォルトのDBはh2ですが、MySQLに接続するように変更しています。

処理内容

下記の作業を行っています。

install.rb

  • Camunda, Tomcat, MySQL, JDBC Driver のダウンロード・解凍
$ itamae local --node-json camunda-7.4.json install.rb

setup.rb

  • Tomcatのserver.xmlを編集してMySQLに接続する
  • Tomcatのtomcat-users.xmlを編集してTomcatユーザーを登録する
  • データベースのセットアップ
$ itamae local --node-json camunda-7.4.json setup.rb

start.rb

  • Tomcat (Camunda) の起動
$ itamae local --node-json camunda-7.4.json start.rb

stop.rb

  • Tomcat (Camunda) の停止
$ itamae local --node-json camunda-7.4.json stop.rb

環境

  • Mac OS X El Capitan Version 10.11.3
  • Ruby 2.2.2p95
  • Itamae v1.9.3

コード