Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SharePoint 2013】リボン、アイテムメニューへのユーザー設定のアクション追加

More than 1 year has passed since last update.

SharePoint Designer 2013 使用してリボンにボタンを作成したり、アイテムメニュー[…]に項目を追加できます。

追加できる場所

Ribbon01[1].pngRibbon02[1].png
Ribbon03[1].png

リスト アイテム メニュー

  • アイテムの編集メニュー[…]の項目にアクションを追加できます。

フォーム リボンの表示

  • 表示フォーム (DispForm) のリボンにボタンを追加できます。

フォーム リボンの編集

  • 編集フォーム (EditForm) のリボンにボタンを追加できます。

フォーム リボンの新規作成

  • 新規作成フォーム (NewForm) のリボンにボタンを追加できます。

リボンの表示

  • リストビューのリボンにボタンを追加できます。

準備

  • 16px、32px のアイコン画像をサイト内にアップロードしておく。
  • ワークフローの起動を設定する際は、対象のワークフローを手動起動できるようにしておく。

設定方法

  1. SharePoint Designer 2013 で対象のサイトを開き、[サイト オブジェクト] > [リストとライブラリ] から、対象のリストまたはライブラリを選択します。
  2. リボンメニューの、[ユーザー設定のアクション] の中から追加したい場所を選びます。
  3. [ユーザー設定のアクションの作成] ダイアログで、設定を行い [OK] ボタンをクリックします。
  • 名前:
    • 任意のメニュー名を指定する。
  • 説明:
    • メニューの説明を入力する。(任意)
  • アクションの種類:
    • [フォームへの移動] 移動したいフォームを選択する。
    • [ワークフローの開始] 関連付けられている手動開始のワークフローを選択する。
    • [URLへの移動] 移動したいURLを入力する (javaScript 可能)。
  • ボタンイメージのURL:
    • アップロードしておいたアイコン画像を指定する。
  • リボンの場所:
    • Ribbon.<表示したい場所のグループ名>.Controls._children ※グループの場所は 既定のサーバー リボンのカスタマイズの場所 を参照
  • 権限マスク:
    • 表示の権限を設定します。
  • シーケンス番号:
    • 表示位置を指定します。※規定は "0"

Ribbon04[1].png

注意点

  • リボンメニューを表示したいビューの[Web パーツの編集]で[ツール バーの種類]を[ツールバーなし]にしているとアイコンが表示されないようです。
  • リストの列設定やコンテンツタイプを変更した際など、ワークフローが正常に呼び出せない状態になると[リスト アイテム メニュー]に追加したリンクが正常に動作しなくなります。現象としては "/" だけのページに遷移するようになります。Designer で再度設定しなおすと正常に動作するようになります。
  • [リスト アイテム メニュー]に追加した場合、新しい表示のモダンUIでも表示されますが、アイコンの表示サイズがおかしいので、アイコン画像は設定しないほうがいいです。

参考サイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした