Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SharePoint 2013】発行機能を有効にする

More than 1 year has passed since last update.

発行機能を有効にする

Web コンテンツ管理機能を使用するには、サイトの発行機能を有効にする必要があります。
サブサイトの発行機能を有効にするには、まずサイトコレクションのトップレベル サイトの発行インフラストラクチャを有効にする必要があります。

サイト コレクション レベルで発行機能を有効にする

  1. 現在の位置がサイトのルートではない場合は、[サイト コレクションの管理] の [トップレベルのサイト設定に移動] をクリックします。
  2. [サイトの設定] ページで、[サイトコレクションの管理] の [サイト コレクションの機能] をクリックします。
  3. [サイト コレクションの機能] ページで、[SharePoint Server 発行インフラストラクチャ] の横にある [有効にする] をクリックします。

サイト レベルで発行機能を有効にする

  1. [サイトの設定] ページの [サイトの操作] で、[サイト機能の管理] をクリックします。
  2. [SharePoint Server の発行機能です] の横にある [有効にする] をクリックします。

利用可能になる機能

Web パーツ

利用可能になる Web パーツです。

クエリ結果 Web パーツ

  • この Web パーツの [プロパティ] ウィンドウ内で作成したクエリに基づいて、サイト上のコンテンツの動的ビューを表示します。

メディア Web パーツ

  • メディア クリップ (ビデオと音声) を Web ページに埋め込むために使います。

概要リンク Web パーツ

  • 作成者は、グループ化してスタイルを適用できるリンクを作成できます。

目次 Web パーツ

  • サイト コレクションに含まれる各要素にリンクされたサイト マップを自動的に生成するために使います。

マスターページ設定

マスターページとページレイアウトは、SharePoint サイトの全体的な外観を指定します。マスターページには、複数のページレイアウト (ナビゲーション、検索、多言語サイト用の言語設定など) で共有されるコントロールが存在します。ページレイアウトには、フィールドコントロールと Web パーツが存在します。ページレイアウトとマスターページが連携することで、Web ページのレイアウトを構成しています。
発行サイトでは、マスターページが更新され、[発行] タブが組み込まれています。このタブには、前述のスケジュール設定とワークフローで使うボタンがあります。更新されたマスターページには、以下の要素があります。

コンテンツ タイプ

  • 発行ポータル テンプレートの場合は、[アーティクル ページ]、[プロジェクト ページ]、[ウェルカム ページ]、[エンタープライズ Wiki ページ]、[ロールアップ ページ]、[リダイレクト ページ] があります。

ページ レイアウト

  • [イメージを左に配置]、[イメージを右に配置]、[スプラッシュ]。発行機能が有効になると、これらのページ レイアウトは、前述のコンテンツ タイプに自動的に関連付けられます。エンタープライズ Wiki の場合は、ページ レイアウトに [基本ページ]、[基本プロジェクト ページ]、[リダイレクト ページ] が含まれます。

  • ページ レイアウトの列は [バイライン] と [ページ コンテンツ] です。サイト コレクション レベルで追加されている発行に関する列は、[アーティクルの日付]、[スケジュールの開始日]、[スケジュールの終了日] です。Wiki ページ用の管理されたメタデータを使う [Wiki のカテゴリ] カスタム列も、サイト コレクション レベルで追加されています。

参考サイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした