Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bandwidth Pool のグループ設定地域に東京DCが無い件

More than 5 years have passed since last update.

概要

Bandwidth Pool を ソフトレイヤー東京データセンターに設定しようとしたところ、Region (地域)の選択リストの中に、東京が無い。 もしかして、東京データセンターでは、Bandwidth Pool が出来ないのではないか? と不安になってしまいます。 その疑問について答えを確認しました。

Bandwidth Pool のグループ作成画面

Bandwidth Pool を作るには、「Network」 -> 「Pools」 -> 「Add」に進むと、次の画面になります。 問題のRegion(地域)の部分ですが、AUS(オーストラリア), MEX(メキシコ)などはあるのに、日本がありません。 

Bw_Pool_add.png

という事は東京データセンターで、Bandwidth Pool を設定できないという事なのでしょうか? いえいえ心配無用です。 東京データセンターは、SNG/HKGリージョンに含まれているからです。

東京とシンガポールでの帯域プール作成

いろいろ記述して説明するより、SNG/HKGリージョンに東京データセンターのサーバーが含まれている状態のスクリーンショットを見ることが、もっとも説得力がると思います。 という事で次のスクリーンショットを見てください。

Bw_Pool_Detail.png

Region: SNG/HKG シンガポール・香港地域となっています。 これに対して、その下のサーバーリストの Location カラムを見ると、Tokyo2, Singapore1 のサーバーが混在しています。この事から同じ地域のデータセンターを股がって、Bandwidth poolが作れることが理解できます。

まとめ

東京DCは、シンガポール・香港と一つの地域と見なされ、一つの帯域プールで、東京、香港、シンガポールのサーバーの固定料金枠を共有することができるのです。 なんだかスケールが大きいですね。

MahoTakara
Docker/Kuberneresの学習本を書きました。15ステップあるのですが、1ステップ完結型なので好きな所から学習できます。https://amzn.to/2mgCRya
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away