Edited at

Xbrlについて調べてみた

More than 3 years have passed since last update.

XBRLを知るためのまとめ記事。

有価証券報告書を使って何かやりたいとかなった時に、XBRLという言葉が出てきた。

結構概念をつかむのが大変だったので、この流れで読めば分かりやすい。っていうのを残しておく。

XBRLとは?(動画)

XBRL Japanによる、XBRLとはなんぞやを紹介している動画。

概念を知るためにはとてもわかり易く、HTMLと比較しているところとか上手い。

XBRLの構造

会計の文書は、XBRL・XMLなど複数のファイルによって成り立っている。

それぞれのファイルの説明を行っている記事。

実際にファイルを落としてみよう(EDINET)

実際の有価証券報告書などのXBRL文書は、EDINETが一般公開している。

報告書一覧が表示されているので、適当にXBRLカラムのXBRLファイルアイコンをクリックしてみると、ファイル一式がダウンロードされる。

落としてみるとわかるが、1つの文書は以下の様なファイル群で成り立っている


  • インスタンス文書(*.xbrl):ビジネス報告情報を記述したXML文書

  • タクソノミ文書:インスタンス文書の内容・構造・扱われ方などを定義


    • タクソノミスキーマ(XML Schema)(*.xsd):インスタンス文書の語彙(要素名、属性など)をXML Schemaで定義。具体的な勘定科目名や注記事項などの項目を定義

    • リンクベース(XLink)(*.xml):


    • Presentation Linkbase:項目間の表示順を定義

    • Calculation Linkbase:項目の数値データの重み付き加算式を定義

    • Definition Linkbase:項目間の様々な関係(意味の同一性、項目の出現規則など)を定義

    • Label Linkbase:項目の表示名称(ラベル)を定義(日本語/英語/中国語など様々な言語で定義可能)

    • Reference Linkbase:参考文献(会計概念定義の根拠文献)を定義



まずはインスタンス文書を見てみる。


インスタンス文書

ダウンロードしたフォルダの中の、xbrlファイルをエディタで開いてみると、結構頭痛くなるタグの羅列が表示される。

よくよく構造を見てみると、会計の英語用語と、対象年、その値がずらっと書かれていることが分かる。

例:

<jpfr-t-cte:CashAndDeposits id="fact1" contextRef="Prior1YearConsolidatedInstant" unitRef="JPY" decimals="-3">23440832000</jpfr-t-cte:CashAndDeposits>

⇒前年度の連結時点(Prior1YearConsolidatedInstant)での現金及び預金(CashAndDeposits)は、23440832000円(JPY)でした。

Prior1YearConsolidatedInstantみたいなのの説明はこちら

Prior1Year/Consolidated/Instantで切るらしい。

次に、タクソノミ文書のタクソノミスキーマ(*.xsd)を見てみる。


タクソノミスキーマ

<link:linkbaseRef xlink:type="simple" xlink:href="jpfr-asr-EXXXX-000-2010-03-31-01-2010-06-28-presentation.xml" xlink:role="http://www.xbrl.org/2003/role/presentationLinkbaseRef" xlink:arcrole="http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase" />

⇒項目間の表示順を定義するPresentation Linkbaseには、"jpfr-asr-EXXXX-000-2010-03-31-01-2010-06-28-presentation.xml"(同じフォルダ内に入っているファイル)を利用します。という事を示している。ほかの全てのLinkbaseへのリンクも入っているので、各自ご確認を。

それではそれぞれのLinkbase(XMLファイル)を見てみる。

タグの名前が色々あるので、こちらのXMLファイル内のタグの説明を見てみると、わかりやすい。


Presentation Linkbase

項目間の表示順を定義しているファイル。

これがないと、規定された順番でデータが表示されなくなってしまう。

例:

<link:presentationArc xlink:type="arc" xlink:from="jpfr-t-cte_SellingGeneralAndAdministrativeExpensesAbstract" xlink:to="jpfr-t-cte_SuppliesExpensesSGA" xlink:arcrole="http://www.xbrl.org/2003/arcrole/parent-child" use="prohibited" priority="1" order="19" />

→ 販売費および一般管理費内の事務用消耗品費は17番目に表示してください


Calculation Linkbase

項目の数値データの重み付き加算式を定義しているファイル。

例:

<link:calculationArc xlink:type="arc" xlink:from="jpfr-t-cte_TotalChangesOfItemsDuringThePeriodTS" xlink:to="jpfr-t-cte_PurchaseOfTreasuryStockTS" xlink:arcrole="http://www.xbrl.org/2003/arcrole/summation-item" order="0.5" weight="1" />

⇒当期変動額合計(TotalChangesOfItemsDuringThePeriodTS)内の自己株式の取得(PurchaseOfTreasuryStockTS)のweightは1です。

link:calculationArc要素のweight属性:子要素から親要素に数値を加算するときに,その要素の値に適用する乗数を示します。値「1.0」はその要素の数値を100%親要素に加算し,「-1.0」は100%減算することを表す。らしい。


Definition Linkbase

項目間の様々な関係(意味の同一性、項目の出現規則など)を定義しているファイル。


Label Linkbase

項目の表示名称(ラベル)を定義しているファイル。


Reference Linkbase

参考文献(会計概念定義の根拠文献)を定義しているファイル。


最後に

今回XBRLの解読にもっとも役立ったのが、金融庁が出しているこのExcelファイル

この要素の意味は何?と思った時に、このファイル内で探すと、日本語の意味を教えてくれる。

このファイルを辞書代わりに利用すると、理解がとても早い。