8
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

さくらのIoT Platform βをArduinoと繋げてWebSocketサービスに連携するまで

0.はじめに

2016年11月11日から発送開始した、さくらのIoT Platform βをArduinoと接続しサンプルプログラムを動かすまでの手順をまとめました。
公開されているドキュメント(一部間違い発見)でなんとかなりますが、自分はあまりドキュメントを読まずに感覚でやる人(知らねー)なので、少しハマったので記事に残します。

1.さくらの通信モジュールを組み立てる

以下のようにアンテナを接続します。
IMG_1728.JPG

2.Arduinoシールドを組み立てる

I2Cを使うので、矢印のジャンパーピンを接続(SDA,SCLの2ヶ所)します。
Arduino.png

3.さくらの通信モジュールとArduinoシールドを接続します。

IMG_1730.JPG

4.さくらの IoT プラットフォームを設定する

マニュアルの通りにコントロールパネルにてモジュールを登録し、WebSocketサービスを追加します。
さくらのiotplatform.png

5.Arduinoにサンプルプログラムを書き込む

https://github.com/sakura-internet/SakuraIOArduino
上記 URL で開く Git を 「~/Documents/Arduino/libraries/」へ clone もしくはzipダウンロードし、Arduino IDE で SakuraIOArduino-master/examples/Standard/Standard.ino を 開きます。このプログラムをコンパイルして Arduino に書き込むと、さくらの 通信モジュールを利用するためのサンプルプログラムが起動します。

サンプルプログラムではインクリメントするカウンター値が送信されるので以下のようになります。

iotresult.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
8
Help us understand the problem. What are the problem?