Help us understand the problem. What is going on with this article?

Proxy環境でElectronインストールしようとしたら隠れた罠があったんです

何が起こったか?

会社でElectron使おうと思って、yarn installしたのにバイナリが降ってこなかった。
Quick Startも、Electronのインストールだけできなくて、なんぞこれってなった。
ちなみに家だと、どちらもすんなり動いた。

Proxyじゃん...

家ならセーフ会社でアウトって、完全にProxyのせいじゃん

$ npm -g config set proxy http://proxy:port
$ npm -g config set https-proxy http://proxy:port

Proxy設定は、これまでに行っていたが念の為もう一度設定してみる。

ダメです。
Electronだけインストールできない。
ただnode_modules見に行くと、

.
├── LICENSE
├── README.md
├── cli.js
├── electron.d.ts
├── index.js
├── install.js
├── node_modules
├── package.json
└── path.txt

こんな感じ
distディレクトリだけない

公式ドキュメント

ちゃんと読んだことなかったけど、Proxyについて書いてくれていた。

If you need to use an HTTP proxy, you need to set the ELECTRON_GET_USE_PROXY variable to any value, plus additional environment variables depending on your host system's Node version:

Node 10 and above
Before Node 10

このELECTRON_GET_USE_PROXYが、やっかい というか使っている例をそんなに見つけられなかった。

しかもyou need to set the ELECTRON_GET_USE_PROXY variable to any value
これ以外に使い方みたいなのが書いてない

使用例ありました

https://github.com/castlabs/electron-releases/issues/45#issuecomment-549385236

export ELECTRON_GET_USE_PROXY=true // to activate proxy for electron/get module
export GLOBAL_AGENT_HTTPS_PROXY=my_proxy to configure global agent proxy

なるほど
実際使うのはWindows環境だったので

SET ELECTRON_GET_USE_PROXY=true 
SET GLOBAL_AGENT_HTTPS_PROXY=http://proxy:port

としてからインストールするとすんなり入った。

感想

ググるとnpm config set proxyで解決するケースが大半なんで過信してたけど、ELECTRON_GET_USE_PROXYは罠過ぎた。

参考サイト

LuckyRetriever
FeliCa大好きマン
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした