Edited at

IDLEでPython3:インストール・動作確認編

 ここでは,Python3をインストールし,IDLEでスクリプトを作成・実行する方法についてまとめていきます.よろしくお願いいたします.


目次


環境


  • Windows10 (64-bit)

  • Python 3.7.3


Pythonのインストール

 まずPythonの公式ホームページよりインストーラをダウンロードします.

PythonInstall01.png

 Download Python 3.7.3ボタンを押すと,最新版(2019年5月21日現在)のpython-3.7.3.exeをダウンロードします.他のバージョンは下の方にあります.好みのものを選択してください.

 次にダウンロードしたインストーラを起動します.

PythonInstall02.png

 Install Nowでもいいですが,私はPythonのインストールフォルダの設定などをしたいので,→ Customize installationを選択しました.以下はその様子です.

Customize installation

PythonInstall03.png

* 3番目のチェックに注意.tkinterはGUI作成用のライブラリ,IDLEが今回使おうとしている開発環境です.ここではどちらもインストールしておきます.

PythonInstall04.png

・ダウンロード先を指定

・[環境変数にPythonを追加]にチェック

PythonInstall05.png

これでPythonを使うことができるようになりました.


Pythonの動作確認

 Pythonは基本的にコンソールから起動することができます.少し動作確認しましょう.


コマンドプロンプトから対話型インタプリタ起動

$ py または $ python

Python 3.7.3 (v3.7.3:ef4ec6ed12, Mar 25 2019, 21:26:53) [MSC v.1916 32 bit (Intel)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

 この画面が出たら成功です.ちなみにpyコマンドはインストール時に有効にしたものです.調べてみたらパスの通ったところにpy.exeがありました.


メモ帳などで書いたスクリプトを実行


hello.py

print("hello, world!")


$ python hello.py

hello, world!


IDLEを起動しよう


IDLEショートカットから起動

 Windowsの場合,スタートメニューにIDLE起動用のショートカットが追加されています.普通に起動するだけならこれが一番便利でしょう.ちなみにショートカットの中身は次のようになっています.


IDLE (Python 3.7 32-bit) - ショートカット

 "…\Python37-32\pythonw.exe" "…\Python37-32\Lib\idlelib\idle.pyw"


 このidlelibディレクトリにはidle.py, idle.batなども入っています.どちらもIDLE起動スクリプトです.


Pythonインタプリタ内で起動

 idle.pyの中身を参考にすると,通常のPythonインタプリタから次のコマンドを入力すれば,IDLEを起動できることが分かります.

>>> import idlelib.pyshell

>>> idlelib.pyshell.main()


バッチファイルから起動

 idle.batを使って起動するなら,「Pythonインストールフォルダ\Lib\idlelib\idle.bat」を直接実行するか,ショートカットを作成して実行します.バッチファイルの中身は次の通りです.


idle.bat

@echo off

rem Start IDLE using the appropriate Python interpreter
set CURRDIR=%~dp0
start "IDLE" "%CURRDIR%..\..\pythonw.exe" "%CURRDIR%idle.pyw" %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9


コマンドで起動できるようにする

 idle.batをパスの通ったフォルダ(ここではPythonのインストールフォルダ「Python37-32」)にコピーし,4行目のstartコマンドの引数を適切に直せば,Win+Ridleと入力するだけで起動できるようになります.


Python37-32\idle.bat

@echo off

rem Start IDLE using the appropriate Python interpreter
set CURRDIR=%~dp0
start "IDLE" "%CURRDIR%\pythonw.exe" "%CURRDIR%\Lib\idlelib\idle.pyw" %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

以上のどれかの方法で,次のようにPython Shellが起動します.

IdleShell01.png


スクリプトを書いて実行してみよう

 Pythonはインタプリタにコマンドを入力することもできますが,あらかじめコマンドをスクリプトファイルに入力して,それを読み込ませて実行することもできます.複雑なプログラムを実行するときは通常こちらですね.中間コードを生成することで高速化・効率化を図ることもできます.

 早速やってみましょう.


スクリプトファイルを作成

 [File] > [New File] またはCtrl+Nで新規ファイルを作成します.


hello.py

print("hello, world!")

input()

[File] > [Save] またはCtrl+Sで保存できます.Ctrl+Shift+Sで「名前を付けて保存」などもできます.


スクリプトを実行

 [Run] > [Run Module] またはF5でそのファイルを実行できます.実行結果は「Python Shell」ウィンドウに表示されます.

IdleShell02.png


設定を見てみよう

 [Options] > [Configure IDLE] から設定ウィンドウを開けます.

・ Fonts/Tabs

・ Highlights

・ Keys

・ General

・ Extensions

 「Keys」には便利なキーバインドがたくさん登録されています.詳しく見ていけば,効率的にIDLEを使いこなすことができるでしょう.

---- 以上

next

IDLEでPython3:基本操作・キーバインド編