0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Organization

VDMXで素材の合成、画面転換をする

やりたいこと

・黒背景のアニメ素材に他の素材を合成して流す
・不透明度いじってゆっくり転換する

黒背景のアニメ素材に他の素材を合成して流す

レイヤーを二枚 スクリーンショット 2020-04-17 5.01.54.png

Media Binを二つとpreviewを三つ スクリーンショット 2020-04-17 5.07.07.png

適当な素材と黒背景の素材を一つずつスクリーンショット 2020-04-17 5.53.15.png

用意します

previewでレイヤーを設定して、Media Binで動画を選択して、
スクリーンショット 2020-04-17 5.58.32.png

三枚目のpreviewからMain Outputを選択すると、
スクリーンショット 2020-04-17 6.02.56.png

重なります
スクリーンショット 2020-04-17 6.04.03.png

この時にMedia Binで選択した素材のpreviewの右上の項目がOpenGL-Overになっているとそれより下のレイヤーが表示されなくなるので、
Main Outputを除く全てのpreviewでこれをOpenGL-Addにしておくことをお勧めします

スクリーンショット 2020-04-17 6.05.49.png

不透明度いじってゆっくり転換する

大きく2種類やり方があります

1.Two Channel Mixerを使う
2.MIDIコントローラーのスライダーorダイヤルにアサインする

スライダーorダイヤルのあるMIDIコントローラーを持っていない人は1番目のやり方になると思います

1.Two channel mixerを使う

これです↓
スクリーンショット 2020-04-17 6.20.08.png

追加すると↓のようになります
下段左右のタブでレイヤーを一つずつ選択できます
スクリーンショット 2020-04-17 7.18.05.png

転換したいレイヤーが二つの場合は、これでそれぞれを選択すれば中段のフェーダーで不透明度を調整して転換ができます
ex)Templatesの4 Channel Mixer
スクリーンショット 2020-04-17 7.40.29.png

ちなみにこのLFOを作成した上で
スクリーンショット 2020-04-17 8.10.40.png
Layer Opacityを右クリック、Use Data Source>LFO1からいずれかの波の形を選択すると
そのLayer Opacityの値を波形に合わせてに変化させられます
スクリーンショット 2020-04-17 8.12.05.png
↓LFOウィンドウのTimeが時間経過、その上の波形が変化の形
スクリーンショット 2020-04-17 8.14.48.png
これを使って転換を波形に合わせて行うこともできます

※転換したいレイヤーが三つ以上の場合はTwo Channel Mixerを複数使用すると一応転換が可能になります(MIDIコントローラーがない場合はお勧めしません)

2.MIDIコントローラーのスライダーorダイヤルにアサインする

IMG_9184.jpg
↑nanoKONTROL2

※スライダー(画像の縦に動くやつ)orダイヤル(画像の上側の回せるつまみ)があるMIDIコントローラーを前提にしています

Workspace InspectorのLayersでLayerを選択した時の一番下に出てくるCompositionのLayer Opacityもしくはpreviewの右側にあるLayer Opacityを
MIDIコントローラーのスライダーかダイヤルに対応させることで手動で転換をすることができます
スクリーンショット 2020-04-17 7.50.56.png
↑Composition/↓Layer Opacity
スクリーンショット 2020-04-17 7.53.00.png

対応の方法
Workspaceの一番上のHardware Learn Toggleをクリックします
スクリーンショット 2020-04-17 7.47.11.png

すると下の画像のように外部の操作を対応させられる箇所のUIが青くなります
スクリーンショット 2020-04-17 7.59.44.png

この画面で
先程のLayer Opacity→対応させたいスライダーorダイヤル
の順で操作すると前者と後者を対応させられます

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?