search
LoginSignup
10

More than 1 year has passed since last update.

posted at

Chromeオプション --disable-web-securityでCORS解除が効かなくなった

CORS解除ができなくなった件についての備忘録

Chromeバージョンは 79.0.3945.130 for macOS です。

Webフロントエンドの開発時に、ローカルの開発環境から別ドメインにアクセスしたい場合というのはよくあるシチュエーションだと思います。
私はAngular-CLI開発が多いため、Angularドメインはlocalhost:4200で、データサーバは別で立てるシチュエーションが常時発生しますが、CORS制限によりアクセスできません。

今までは、

$ open "/Applications/Google Chrome.app" --args --disable-web-security --user-data-dir

でクロスドメイン制限を解除できていましたが、最近のアップデートでいつの間にか使えなくなってしまいました。古いアップデートで似た現象が起きたときは、--user-data-dirをつければ良い旨の情報は出てきましたが、すでに付けてます。

こんなツイート見つけたので、ためしてみたものの、なぜか有効状態を維持できませんでした。
常時オプション切ってるのも不安です。Warningでチラッと見えるオプションを追加してみたら上手くいきました。

$ open  "/Applications/Google Chrome.app" --args --disable-web-security --user-data-dir --disable-site-isolation-trials

--disable-site-isolation-trials オプション名がトライアルぽいのでいつまで使える手なのかわかりませんが、ひとまずこれで凌げました。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10