Ubuntuを普段使いするにあたってのメモ

Dell XPS13 にUbuntuをインストールして、Windowsとデュアルブートしているので、その際の環境構築をメモ書きします。

あくまで自分メモなので、雑に記載しています。


XPS13固有の問題

http://hgdev.co/installing-ubuntu-15-04-on-the-xps-13-9343-2015-a-complete-guide/

ここを読め。まずは、それからだ。

https://gist.github.com/keijiro/fdf733b71e6e6595d234


WiFi

$ sudo apt-get install bcmwl-kernel-source


インストール時の設定

http://sicklylife.at-ninja.jp/memo/ubuntu1604/settings.html


キーボード設定

xmodmap で設定していたけど、xmodmapとかxkbとかの設定が、 Fcitx+Mozc で 半角英数と全角とを切り替えた時にリセットされる現象があり対応できず。

gnome-tweak-tool をインストールして、設定した。

タイピング -> Caps Lock キーの動作 -> Make Caps Lock an additional Ctrl


仮想スクリーン(デスクトップ)の設定

システム設定 -> 外観 -> 挙動 -> ワークスペースを有効にする

http://linux.just4fun.biz/Ubuntu/Ubuntu14.04%E3%81%A7%E4%BB%AE%E6%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%EF%BC%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9)%E3%82%92%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.html


DNS設定

DNSエラーが頻発するので設定をした。


/etc/sysctl.conf


# 追記
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1


/etc/resolvconf/resolv.conf.d/base


# 追記
nameserver 8.8.8.8
nameserver 4.4.4.4

↑効果がなかった


/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf

[main]
plugins=ifupdown,keyfile,ofono
# dns=dnsmasq # ここをコメントアウトした

[ifupdown]
managed=false


$ sudo service network-manager restart


参考

http://techblog.show-ya.blue/?p=571

http://d.hatena.ne.jp/zzkater/20140713/1405250096

http://askubuntu.com/questions/838948/16-10-fail-to-resolve-dns

http://www.lighthouse-w5.com/index.php/25-linux/62-ubuntu-dnsmasq.html


secure boot の無効化

Linuxカーネル 4.4.0 以降で必要

secure bootを無効化しないと、wifiやvirtualboxが使えないので無効化する

無効化するにはブートメニューに SecureBootの項目があるので、解除する

その後下記のコマンドを実行

sudo /sbin/vboxconfig

ダメなら下記を参考に実行

http://askubuntu.com/questions/760671/could-not-load-vboxdrv-after-upgrade-to-ubuntu-16-04-and-i-want-to-keep-secur


その他


  • unity tweak tool

  • GoogleChrome

  • DropBox


  • Shutter(スクリーンショットアプリ)

  • Slack


開発環境構築


  • java

  • IintelliJ Idea

  • git

  • gvim/vim

  • atom

  • curl

  • lftp

  • zsh/oh-my-zsh

  • Go(pecoの利用に必要)

  • peco


Java


gvim/vim

gvimはUbuntuソフトウェアセンターで。vimは apt-get する。

設定は、下記を参考にdotfilesを読み込む。

http://qiita.com/jnchito/items/5141b3b01bced9f7f48f


lftp

sudo apt-get install lftp


zsh/oh-my-zsh

http://snowsunny.hatenablog.com/entry/2014/04/03/211105

最後に再起動が必要そう


Go

1.https://golang.org/dl/ から Linux むけ tar.gzをDLする

2.ここを参考に展開する

tar -C /usr/local -xzf {DOWNLOADED_GO}.tar.gz

3.環境変数を設定する

~/.zshrc

export GOROOT=/usr/local/go # go本体のディレクトリ

export GOPATH=$HOME/go # go packageなどのインストールディレクトリ
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin:$GOPATH/bin # Go本体とGoPackageにパスを通す


peco

go get github.com/peco/peco/cmd/peco


peco 利用Tips


ssh/sftp(lftp)管理

1.~/.ssh/configを編集

http://superbrothers.hatenablog.com/entry/20090730/1248971671

2.~/.zshrc にfunctionを追加


# s[Enter] で 任意ホストにssh接続
function s() {
ssh $(awk '
tolower($1)=="host" {
for (i=2; i<=NF; i++) {
if ($i !~ "[*?]") {
print $i
}
}
}
'
~/.ssh/config | sort | peco)
}

# sf[Enter] で 任意ホストにsftp(lftp)接続
function sf() {
lftp sftp://$(awk '
tolower($1)=="host" {
for (i=2; i<=NF; i++) {
if ($i !~ "[*?]") {
print $i
}
}
}
'
~/.ssh/config | sort | peco)
}


AWS

sudo apt install libssl-dev

sudo pip install aws


フォントの設定


とりあえず追加しておくフォント


インストール済アプリの設定

Launcherとかで出てくるアプリケーションの設定のパス

~/.local/share/applications/hoge.desktop


ex

~/.local/share/applications/jetbrains-idea-ce.desktop