LoginSignup
136

More than 5 years have passed since last update.

NeoBundleのインストール

Last updated at Posted at 2012-12-26

必要なもの

NeoBundleはPCにGitがインストールされている必要があります。

インストール

NeoBundleのインストール

  1. .vimフォルダ以下にbundleフォルダを作成
  2. 作成したbundleフォルダにneobundle.vimをクローン
$ mkdir -p ~/.vim/bundle
 $ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

設定

公式サンプルからとりあえず最低限の設定のみ抜粋
.vimrcに次の内容を書いておけば、最低限利用できます。

.vimrc
"--------------------------------------------------------------------------
" neobundle
set nocompatible               " Be iMproved
filetype off                   " Required!

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

filetype plugin indent on     " Required!

" Installation check.
if neobundle#exists_not_installed_bundles()
  echomsg 'Not installed bundles : ' .
        \ string(neobundle#get_not_installed_bundle_names())
  echomsg 'Please execute ":NeoBundleInstall" command.'
  "finish
endif

プラグインの取得

さらに、次のように.vimrcに追記して、:NeoBundleInstallを実行するとプラグインが.vim/bundleフォルダ以下に追加され、利用できるようになります。

.vimrc
"GitHubリポジトリにあるプラグインを利用場合
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'

"GitHub以外のGitリポジトリにあるプラグインを利用する場合
NeoBundle 'git://git.wincent.com/command-t.git'

"Git以外のリポジトリにあるプラグインをを利用する場合
NeoBundle 'http://svn.macports.org/repository/macports/contrib/mpvim/'
 NeoBundle 'https://bitbucket.org/ns9tks/vim-fuzzyfinder'

以上を追記してから、vimを立ち上げて下記コマンドを実行

:NeoBundleInstall

参考情報

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
136