Objective-C
Xcode
iOS
Swift

XcodeのBreakPointで式の評価値を確認してデバッグに革命を起こす!

More than 3 years have passed since last update.

Xcodeでの開発中、BreakPointでとりあえず処理を止めてみたはいいけど、

見たい値が見れずにもどかしい経験をしたことはなかろうか?

わざわざ評価したい式を使いもしないのに変数に入れて確認したり、printしたり…。

でももうそんな日々とはおさらば!そう、この方法を使えばね。


方法

とりあえず適当にBreakPointを仕込んでみる。

スクリーンショット 2015-10-28 17.22.45.png

そして Debug Area でメニューを開き、Add Expressionを選択。

スクリーンショット 2015-10-28 17.26.25.png

式を入力してDoneを押すと…

スクリーンショット 2015-10-28 17.27.43.png

今まで見られなかったviewのframeのパラメータが!見える!見えるぞ!!

スクリーンショット 2015-10-28 17.28.47.png


補足


  • 関数や演算子も使える。

  • 値を変更するような式を入れてしまうと、本当に値が変わってしまうので注意。

  • BreakPointを外しても入力した式を覚えていてくれるので、再度BreakPointを設定すると復活できる。