Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby Kaigi 2016 2日目 お弁当のアレ

More than 3 years have passed since last update.

おはようございます。昨日(?)は3時過ぎまで飲んでたから眠い…。

Bento Sponsor

Ruby Kaigiでは、3日ともお弁当が出ます。スゴイ!
お弁当にはスポンサーが付いていまして、1日目は株式会社Aimingさま、2日目は永和システムマネジメント アジャイル事業部様でした。ありがとうございます。
(公式サイトにはbento sponsorは2社しか書いてないけど3日目はどうなんだろう?)

2日目のお弁当のアレ

で、2日目。お弁当にこんな広告が付いていました。
http://agile.esm.co.jp/news/2016-09-09-rubykaigi2016-bento-wrapping-paper.html

                eval(
               %w( put
             s(([   2*7,
            2*31     ,1,3
           *3*5       ,2*2
          *2*2          *3].
         map{            |c|c
        .to_          s(5*7
       ).gs        ub("1    ","
      \s")      .upca        se}.
     zip(     [2*5*           61*1
    801,    2*5*3              931,
   811*   1871,                 2*11
  *350  27,7*                    11*1
 259* 20389                       *764
171].map{|c|c.to_s(2*2*3*3)}))*""))*"")

なんとこのまま実行できて、英語のメッセージが出力されます。しゃれとんしゃー!
何が出るかは実行してみてください。

せっかくなので解説してみよう

よく出来ているので、何が起こっているのか感謝を込めて解説してみようと思います。

Array#*

まず、一番外側はevalなので、その中身はRubyのコードの文字列になるのは想像できます。でも、よく見ると putsが途中で改行されていたり、to_ sとメソッドの途中にスペースが入っていたりと、パット見、おや?となります。
それを解決している第一のミソが、Array#*です。これ、Array#joinと同じです。
なので、%w()でスペースや改行で区切られた各文字列が結合されて一つの文字列になります。

つまり、evalの中身はこうなります。

puts(([2*7,2*31,1,3*3*5,2*2*2*2*3].map{|c|c.to_s(5*7).gsub("1","\s").upcase}.zip([2*5*61*1801,2*5*3931,811*1871,2*11*35027,7*11*1259*20389*764171].map{|c|c.to_s(2*2*3*3)}))*"")

Fixnum#to_s

次に、一見文字列がないのになぜ文字列が出力されるのか問題です。
そこで登場するのが第二のミソ、Fixnum#to_sです。このメソッドに引数として数値を渡してやると、何進数として表示するかが指定できます。36を渡すと、0,1,...,9,a,...,zが使われる36進数に!これで任意のアルファベットが出力されます。

[2*7,2*31,1,3*3*5,2*2*2*2*3].map{|c|c.to_s(5*7).gsub("1","\s").upcase}
#=> ["E", " R", " ", " A", " D"]

36進数でもスペースは出せないので、gsub("1","\s")"1"をスペース("\s")に変換していますね。

[2*5*61*1801,2*5*3931,811*1871,2*11*35027,7*11*1259*20389*764171].map{|c|c.to_s(2*2*3*3)}
#=> ["njoy", "uby", "with", "gile", "evelopment"]

ラストスパート

ここまでを展開すると、

puts(["E", " R", " ", " A", " D"].zip(["njoy", "uby", "with", "gile", "evelopment"])*"")

あとは順当に、

puts([["E", "njoy"], [" R", "uby"], [" ", "with"], [" A", "gile"], [" D", "evelopment"]]*"")

で、またjoinして…というわけでめでたくメッセージがでてきます。

まとめ

おいしく楽しいお弁当でした!
ごちそうさまでした:pray:

Kta-M
fusic
個性をかき集めて、驚きの角度から世の中をアップデートしつづける。
https://fusic.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした