MacOSX
VirtualBox
Windows10

macOS 上の VirtualBox で Windows 10 Insider Preview を使えるようにするまで

ググりながらインストール/セットアップしたので備忘のために書きます。誰かのお役に立てば。
環境: macOS High Sierra, VirtualBox 5.1.30 r118389 (Qt5.6.3)

Windows 10 Insider Preview ISO のダウンロード

本家サイトから Windows 10 Insider Preview ISO をダウンロードする。ダウンロードにあたって Windows Insider Program に登録する必要がある。

新規仮想マシン作成

VirturlBox を起動し Command + n 。
設定項目は以下のようにした。

  • 名前: 適当
  • タイプ: Microsoft Windows
  • バージョン: Windows 10 (64-bit)
  • メモリー: 4096MB
  • 仮想ハードディスクを作成
    • ファイルの場所はデフォルト
    • ファイルタイプ: VDI
    • 固定サイズ *可変よりパフォーマンスが良いらしい
    • サイズ: 32GB *あとから変えるのが面倒らしいので余裕を持って設定

仮想マシン起動

起動するとイメージファイルのパスを聞かれるのでダウンロードしておいた ISO ファイルを指定する。

  • USキーボードな人は英語キーボードを設定する
  • 画面に沿って Windows のセットアップ
    • プロダクトキーはセットアップ後の入力も可
    • Cortana がいきなり喋りだすので音量をミュートにしておくとよい。
    • 英かな切り替えは Option + ` で行える。

スクリーンショット 2017-11-25 17.56.08.png
起動できた!

最低限快適に使えるようにする

起動はできたのでここから快適に使うための設定を行う。

Guest Additions をインストールする

Windows 10 が起動している状態で、
VirtualBox VM メニューバー -> Devices -> Insert Guest Additions CD Image
と選び、 画面に出てくる VBoxWindowsAdditions.exe を実行する。
これでフルスクリーンにできたり、マウスカーソルの動きも快適になったり、多分他にも色々と快適になる。

キーボードを使えるようにする

CPU の設定

VM 右クリック -> 設定 -> システム -> プロセッサ から設定できる。
一旦 2CPU と使用率制限 60% に設定した。PAE/NX の有効化もした。
凝りたい人は VirtualBoxMania とかを見てみると良いかも。

フォントとかを鮮明にする

VM 右クリック -> 設定 -> ディスプレイ -> スケールしない HiDPI を使用にチェック
そうすると表示が小さくなりすぎるので、
Windows 設定 -> システム -> ディスプレイ -> 拡大率を 200% あたりに変更する。

クリップボードを mac と Windows 間で共有する

Virtual Boxでクリップボードを共有する を参考に設定する。

おしまい

以上で大体使えるようになったと思っています。これもやったほうがいいよ、というのがあれば教えてください。