Python
Bash
Mac
brew
pyenv

mac+pyenvでPython環境構築

研究室の新人さんたちがmacOSに不慣れだったのでPython環境構築をまとめておきます.
(ときどき間違った記事があるせいかしっかりとインストールできていなかったので…)
基本的に研究室の後輩たちに向けた記事ですが一般公開にしておきます.

ここではbrew→pyenv→Pythonの順でインストールしていきます.

brewのインストール

brewとは

macOSにソフトウェアを導入する作業を単純化してくれるソフト

インストール

macでTerminalソフトを起動して
※macのアプリ起動は[command+スペース]を押すとSpotlight検索というのが出るので,そこに"ter"(アプリ名の一部)まで打ってReturnキーを押すのが1番効率的です

Terminal
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

を入力するだけ. ホームページにいくと詳しい説明あり.

pyenvのインストール

pyenvとは

Pythonのインストールがめちゃめちゃ楽なツール.
またご存知のようにPythonには複数のバージョンがあります.
ときに別バージョンでやる必要があったりしますが,それを簡単にスイッチしてくれます.

インストール

再びTerminalに戻って

Terminal
brew install pyenv
echo 'export PYENV_ROOT=/usr/local/var/pyenv' >> ~/.bash_profile
echo 'if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile

の3行を実行(3行一気にコピペでOKです).

Pythonのインストール

Pythonとは

研究室に入って最初に「僕(私)はここでやっていけるんだろうか…」と不安を植え付けられたアレ

インストール

一度Terminalを再起動しますが面倒なので
Terminalのアイコンをクリックしたあとに
[command+W]→[command+T]
の順で押してください.
次に

Terminal
pyenv install -l

を実行すると

Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  (中略)
  3.7.0a3
  3.7-dev
  anaconda-1.4.0
  anaconda-1.5.0
  (中略)
  stackless-3.4.7
  stackless-3.5.4

みたいになると思います.
これがいまpyenvがサポートしているバージョンの一覧です.

  • ドット区切り数字3つのものは裸のPython(自分で必要なライブラリを全てインストールしていく)
  • anaconda-*となってるものは数値計算向けライブラリがすでにインストール済みのPython
  • 他のものは気にしなくていい

特別な理由がなければ裸Pythonかanacondaをインストールすればいいと思います.
ライブラリのインストールすら面倒なときはanacondaをインストールすればいいです.
anacondaをインストールするならanaconda3-*.*.*(Python3x系列)となっているのものをインストールします.
こんな感じで↓

Terminal
pyenv install anaconda3-5.0.1

システムPythonと入れ替え

macには標準でPython2x系列が入っています.
それを今回のインストールしたものと切り替えます.
例えば上記みたいに anaconda3-5.0.1 をインストールした場合,以下のコマンドを実行します.

Terminal
pyenv global anaconda3-5.0.1

念のためにPythonのバージョンを確認するコマンド:

Terminal
python --version

を入力するとanaconda3-5.0.1のキーワードが確認できると思います.

おつかれさまでした