Edited at

Zabbixでの障害通知マクロのまとめ

More than 3 years have passed since last update.

Zabbixから障害通知をメール送付させているが、

監視端末は必要になった時に応じたバージョンを利用している。

そんな中、メールの本文にZabbixのマクロを利用する必要が出てきたのだが、マクロがそのまま表示される症状にぶち当たったので、バージョン別のものをまとめておく。

※ 再アップ版です。

 1つ1つにしたら統一感がなく、もっと見にくかったので、そのままにしました。


追記

2014/9/19 9/11にZabbix2.4がリリースされましたね。

今でも本記事をストック頂く方がいらっしゃるようですので、v2.4に対応させました。

http://qiita.com/AH_korikori/items/9350f94676cfcb7e734a.md

一部さらに見難くなる箇所もございますが、上記URLにてMarkdown形式で閲覧して頂くなど、

ご対応いただけましたら幸いです。


追記2

2015/3/16 "Zabbixでの障害通知マクロのまとめ"をDashドキュメント化しました 記事を投稿しました。

MacOSXアプリDashで読めるように対応しました!


参考ドキュメント

Zabbix-JPドキュメントにある英語版(v1.6)

Zabbix.comドキュメント内のドキュメント(v1.8 - v2.4)

注意:

・このまとめはトリガーから発生する通知のまとめです。

・「○番目の...」となっているものは各バージョンのマクロで<1-9>とし、内容(日本語訳の部分)には表記していません。

・1つしか設定できないものが複数設定できるようになった場合、最初のマクロに入れています。

・非推奨となっているものは使用しておりません(はず)。

・日本語での説明がないものはGoogle先生の翻訳を確認して訳しています。

 足りない、誤りがある、若しくは「こうした方が分かりやすいよ!」というものはご指摘下さい。

 (個人的にこれでいいのか?というのもありますw)


アクションに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

アクションのID
(数値)
-
-
-
{ACTION.ID}
{ACTION.ID}

アクションの名前
-
-
-
{ACTION.NAME}
{ACTION.NAME}

本日の日付
(yyyy.mm.dd.形式)
{DATE}
{DATE}
{DATE}
{DATE}
{DATE}

エスカレーションヒストリ
(以前に送信されたメッセージのログ)
{ESC.HISTORY}
{ESC.HISTORY}
{ESC.HISTORY}
{ESC.HISTORY}
{ESC.HISTORY}

現在時刻(hh:mm.ss)
{TIME}
{TIME}
{TIME}
{TIME}
{TIME}


イベントに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

イベント内の
アクションのログ
-
{EVENT.ACK.HISTORY}
{EVENT.ACK.HISTORY}
{EVENT.ACK.HISTORY}
{EVENT.ACK.HISTORY}

イベント内の
アクションの状態
(Yes / NO)
-
{EVENT.ACK.STATUS}
{EVENT.ACK.STATUS}
{EVENT.ACK.STATUS}
{EVENT.ACK.STATUS}

イベントの時期
{EVENT.AGE}
{EVENT.AGE}
{EVENT.AGE}
{EVENT.AGE}
{EVENT.AGE}

イベントの日付
{EVENT.DATE}
{EVENT.DATE}
{EVENT.DATE}
{EVENT.DATE}
{EVENT.DATE}

イベントの時刻
{EVENT.TIME}
{EVENT.TIME}
{EVENT.TIME}
{EVENT.TIME}
{EVENT.TIME}

通知したイベントのID
(数値)
{EVENT.ID}
{EVENT.ID}
{EVENT.ID}
{EVENT.ID}
{EVENT.ID}

イベントの数値
-
-
-
{EVENT.VALUE}
{EVENT.VALUE}

イベントの状態
-
-
-
{EVENT.STATUS}
{EVENT.STATUS}

リカバリーした日付
-
-
-
{EVENT.RECOVERY.DATE}
{EVENT.RECOVERY.DATE}

リカバリーしたID
(数値)
-
-
-
{EVENT.RECOVERY.ID}
{EVENT.RECOVERY.ID}

リカバリーした状態
-
-
-
{EVENT.RECOVERY.STATUS}
{EVENT.RECOVERY.STATUS}

リカバリーした時間
-
-
-
{EVENT.RECOVERY.TIME}
{EVENT.RECOVERY.TIME}

リカバリーした数値
-
-
-
{EVENT.RECOVERY.VALUE}
{EVENT.RECOVERY.VALUE}


ホストに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

通知したトリガーのアイテムのホスト名
{HOSTNAME}
{HOSTNAME<1-9>}
{HOST.HOST<1-9>}
{HOST.HOST<1-9>}
{HOST.HOST<1-9>}

IPとホストDNS名(ホスト設定に依存)
-
{HOST.CONN<1-9>}
{HOST.CONN<1-9>}
{HOST.CONN<1-9>}
{HOST.CONN<1-9>}

ホストの説明
-
-
-
-
{HOST.DESCRIPTION<1-9>}

ホストのDNS名
-
{HOST.DNS<1-9>}
{HOST.DNS<1-9>}
{HOST.DNS<1-9>}
{HOST.DNS<1-9>}

通知を生成したトリガーのアイテムのIPアドレス
{IPADDRESS}
{IPADDRESS<1-9>}
{HOST.IP<1-9>}
{HOST.IP<1-9>}
{HOST.IP<1-9>}

ホスト(エージェント)のポート番号
-
-
-
{HOST.PORT<1-9>}
{HOST.PORT<1-9>}

ホストインベントリ内のエイリアス
-
-
{INVENTORY.ALIAS<1-9>}
{INVENTORY.ALIAS<1-9>}
{INVENTORY.ALIAS<1-9>}

ホストインベントリ内のアセットタグ
-
-
{INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>}
{INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>}
{INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>}

ホストインベントリ内のシャーシ
-
-
{INVENTORY.CHASSIS<1-9>}
{INVENTORY.CHASSIS<1-9>}
{INVENTORY.CHASSIS<1-9>}

ホストインベントリ内の連絡先
{PROFILE.CONTACT}
{PROFILE.CONTACT<1-9>}
{INVENTORY.CONTACT<1-9>}
{INVENTORY.CONTACT<1-9>}
{INVENTORY.CONTACT<1-9>}

ホストインベントリ内の連絡先の番号
-
-
{INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>}
{INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>}
{INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>}

ホストインベントリ内のデプロイメントステータス
-
-
{INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>}
{INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>}
{INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>}

ホストインベントリ内のハードウェア
{PROFILE.HARDWARE}
{PROFILE.HARDWARE<1-9>}
{INVENTORY.HARDWARE<1-9>}
{INVENTORY.HARDWARE<1-9>}
{INVENTORY.HARDWARE<1-9>}

ハードウェア(ホストインベントリ内での詳細)
-
-
{INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>}

ホストインベントリ内のホストのサブネットマスク
-
-
{INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>}
{INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>}
{INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>}

ホストインベントリ内のホストのネットワーク
-
-
{INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>}
{INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>}
{INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>}

ホストインベントリ内のホストのルータ
-
-
{INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>}
{INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>}
{INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>}

ホストインベントリ内のハードウェアのアーキテクチャ
-
-
{INVENTORY.HW.ARCH<1-9>}
{INVENTORY.HW.ARCH<1-9>}
{INVENTORY.HW.ARCH<1-9>}

ホストインベントリ内のハードウェアの撤去日
-
-
{INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>}

ホストインベントリの、ハードウェアのメンテナンスの終了日
-
-
{INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>}

ホストインベントリ内のハードウェアのインストール日
-
-
{INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>}

ホストインベントリ内のハードウェアの購買日
-
-
{INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>}
{INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>}

ホストインベントリ内のインストーラ名
-
-
{INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>}
{INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>}
{INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>}

ホストインベントリ内の場所
{PROFILE.LOCATION}
{PROFILE.LOCATION<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION<1-9>}

ホストインベントリ内の場所の緯度
-
-
{INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>}

ホストインベントリ内の場所の経度
-
-
{INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>}
{INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>}

ホストインベントリ内のMACアドレスA
{PROFILE.MACADDRESS}
{PROFILE.MACADDRESS<1-9>}
{INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>}
{INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>}
{INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>}

ホストインベントリ内のMACアドレスB
-
-
{INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>}
{INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>}
{INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>}

ホストインベントリ内のモデル
-
-
{INVENTORY.MODEL<1-9>}
{INVENTORY.MODEL<1-9>}
{INVENTORY.MODEL<1-9>}

ホストインベントリ内の名前
{PROFILE.NAME}
{PROFILE.NAME<1-9>}
{INVENTORY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.NAME<1-9>}

ホストインベントリ内のノート
{PROFILE.NOTES}
{PROFILE.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.NOTES<1-9>}

ホストインベントリ内のOOBIPアドレス
-
-
{INVENTORY.OOB.IP<1-9>}
{INVENTORY.OOB.IP<1-9>}
{INVENTORY.OOB.IP<1-9>}

ホストインベントリ内のOOBサブネットマスク
-
-
{INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>}
{INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>}
{INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>}

ホストインベントリ内のOOBルータ
-
-
{INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>}
{INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>}
{INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>}

ホストインベントリ内のOS
{PROFILE.OS}
{PROFILE.OS<1-9>}
{INVENTORY.OS<1-9>}
{INVENTORY.OS<1-9>}
{INVENTORY.OS<1-9>}

ホストインベントリ内のOS(詳細)
-
-
{INVENTORY.OS.FULL<1-9>}
{INVENTORY.OS.FULL<1-9>}
{INVENTORY.OS.FULL<1-9>}

ホストインベントリ内のOS(短縮)
-
-
{INVENTORY.OS.SHORT<1-9>}
{INVENTORY.OS.SHORT<1-9>}
{INVENTORY.OS.SHORT<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCセル
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCEmail
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCの名前
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCのノート
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCの電話番号A
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCの電話番号B
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>}

ホストインベントリ内の第1POCの表示名
-
-
{INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>}
{INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCセル
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCEmail
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCの名前
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCのノート
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCの電話番号A
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCの電話番号B
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>}

ホストインベントリ内の第2POCの表示名
-
-
{INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>}
{INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>}

ホストインベントリ内のシリアルナンバーA
{PROFILE.SERIALNO}
{PROFILE.SERIALNO<1-9>}
{INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>}
{INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>}
{INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>}

ホストインベントリ内のシリアルナンバーB
-
-
{INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>}
{INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>}
{INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトアドレスA
-
-
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトアドレスB
-
-
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトアドレスC
-
-
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトの都市
-
-
{INVENTORY.SITE.CITY<1-9>}
{INVENTORY.SITE.CITY<1-9>}
{INVENTORY.SITE.CITY<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトの国
-
-
{INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>}
{INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>}
{INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトのノート
-
-
{INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>}
{INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>}

ホストインベントリ内のラックの場所
-
-
{INVENTORY.SITE.RACK<1-9>}
{INVENTORY.SITE.RACK<1-9>}
{INVENTORY.SITE.RACK<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトの州/省
-
-
{INVENTORY.SITE.STATE<1-9>}
{INVENTORY.SITE.STATE<1-9>}
{INVENTORY.SITE.STATE<1-9>}

ホストインベントリ内のサイトの郵便番号
-
-
{INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>}
{INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェア
{PROFILE.SOFTWARE}
{PROFILE.SOFTWARE<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションA
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションB
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションC
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションD
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションE
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>}

ホストインベントリ内のソフトウェア(詳細)
-
-
{INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>}

ホストインベントリ内のタグ
{PROFILE.TAG}
{PROFILE.TAG<1-9>}
{INVENTORY.TAG<1-9>}
{INVENTORY.TAG<1-9>}
{INVENTORY.TAG<1-9>}

ホストインベントリ内のタイプ
{PROFILE.DEVICETYPE}
{PROFILE.DEVICETYPE<1-9>}
{INVENTORY.TYPE<1-9>}
{INVENTORY.TYPE<1-9>}
{INVENTORY.TYPE<1-9>}

ホストインベントリ内のタイプ(詳細)
-
-
{INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>}
{INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>}

ホストインベントリ内のURL A
-
-
{INVENTORY.URL.A<1-9>}
{INVENTORY.URL.A<1-9>}
{INVENTORY.URL.A<1-9>}

ホストインベントリ内のURL B
-
-
{INVENTORY.URL.B<1-9>}
{INVENTORY.URL.B<1-9>}
{INVENTORY.URL.B<1-9>}

ホストインベントリ内のURL C
-
-
{INVENTORY.URL.C<1-9>}
{INVENTORY.URL.C<1-9>}
{INVENTORY.URL.C<1-9>}

ホストインベントリ内のベンダー
-
-
{INVENTORY.VENDOR<1-9>}
{INVENTORY.VENDOR<1-9>}
{INVENTORY.VENDOR<1-9>}


アイテムに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの説明
-
-
{ITEM.DESCRIPTION<1-9>}
{ITEM.DESCRIPTION<1-9>}
{ITEM.DESCRIPTION<1-9>}

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのID
(数値)
※1.8.12以降
-
{ITEM.ID<1-9>}
{ITEM.ID<1-9>}
{ITEM.ID<1-9>}
{ITEM.ID<1-9>}

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのキー
{TRIGGER.KEY}
{TRIGGER.KEY<1-9>}
{ITEM.KEY<1-9>}
{ITEM.KEY<1-9>}
{ITEM.KEY<1-9>}

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの(マクロで拡張されていない)オリジナルキー
※2.0.6以降でサポート
-
-
{ITEM.KEY.ORIG<1-9>}
{ITEM.KEY.ORIG<1-9>}
{ITEM.KEY.ORIG<1-9>}

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの最新の値
{{HOST.HOST}:{ITEM.KEY}.last(0)}へのエイリアス
{ITEM.LASTVALUE}
{ITEM.LASTVALUE<1-9>}
{ITEM.LASTVALUE<1-9>}
{ITEM.LASTVALUE<1-9>}
{ITEM.LASTVALUE<1-9>}

アイテムで取得したログを検出した時期
-
{ITEM.LOG.AGE<1-9>}
{ITEM.LOG.AGE<1-9>}
{ITEM.LOG.AGE<1-9>}
{ITEM.LOG.AGE<1-9>}

アイテムで取得したログを検出した日付
-
{ITEM.LOG.DATE<1-9>}
{ITEM.LOG.DATE<1-9>}
{ITEM.LOG.DATE<1-9>}
{ITEM.LOG.DATE<1-9>}

アイテムで取得したログを検出した時間
-
{ITEM.LOG.TIME<1-9>}
{ITEM.LOG.TIME<1-9>}
{ITEM.LOG.TIME<1-9>}
{ITEM.LOG.TIME<1-9>}

イベントログのID
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
-
{ITEM.LOG.EVENTID<1-9>}
{ITEM.LOG.EVENTID<1-9>}
{ITEM.LOG.EVENTID<1-9>}
{ITEM.LOG.EVENTID<1-9>}

イベントログの重要度
(数値)
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
-
{ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>}

イベントログの重要度
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
-
{ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>}
{ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>}

イベントログを取得した情報の場所
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
-
{ITEM.LOG.SOURCE<1-9>}
{ITEM.LOG.SOURCE<1-9>}
{ITEM.LOG.SOURCE<1-9>}
{ITEM.LOG.SOURCE<1-9>}

通知したトリガーのアイテムの名前
{ITEM.NAME}
{ITEM.NAME<1-9>}
{ITEM.NAME<1-9>}
{ITEM.NAME<1-9>}
{ITEM.NAME<1-9>}

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの(マクロで拡張されていない)オリジナルの名前
-
-
{ITEM.NAME.ORIG<1-9>}
{ITEM.NAME.ORIG<1-9>}
{ITEM.NAME.ORIG<1-9>}

トリガー条件式のN番目のアイテムの最新の値
-
{ITEM.VALUE<1-9>}
{ITEM.VALUE<1-9>}
{ITEM.VALUE<1-9>}
{ITEM.VALUE<1-9>}

ノードのID
-
{NODE.ID<1-9>}
{NODE.ID<1-9>}
{NODE.ID<1-9>}
記載なし

ノードの名前
-
{NODE.NAME<1-9>}
{NODE.NAME<1-9>}
{NODE.NAME<1-9>}
記載なし

通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのプロキシ名
※1.8.4以降でサポート
-
{PROXY.NAME<1-9>}
{PROXY.NAME<1-9>}
{PROXY.NAME<1-9>}
{PROXY.NAME<1-9>}

プロキシの説明
-
-
-
-
{PROXY.DESCRIPTION<1-9>}

※ NODE.ID / NODE.NAME は、英語含め無記載と見受けられたので、そのまま記載しています。

※ v2.4にて、NODE.ID / NODE.NAME が記載されておりませんでした。その為、"記載なし"と書いております。


トリガーに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

トリガーのコメント
{TRIGGER.COMMENT}
{TRIGGER.COMMENT}
{TRIGGER.DESCRIPTION}
{TRIGGER.DESCRIPTION}
{TRIGGER.DESCRIPTION}

ステータスに関わらず、すべてのトリガーに対する対応済みの「障害」イベントの数
※1.8.3以降でサポート
-
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK}

ステータスに関わらず、すべてのトリガーに対する未対応の「障害」イベントの数
※1.8.3以降でサポート
-
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK}

トリガーが定義されているホストグループのリスト(SQLクエリでソートされ、カンマ区切り)
※2.0.6からサポート
-
-
{TRIGGER.HOSTGROUP.NAME}
{TRIGGER.HOSTGROUP.NAME}
{TRIGGER.HOSTGROUP.NAME}

トリガー条件式
※1.8.12以降でサポート
-
{TRIGGER.EXPRESSION}
{TRIGGER.EXPRESSION}
{TRIGGER.EXPRESSION}
{TRIGGER.EXPRESSION}

このアクションのトリガーとなったトリガーのID(数値)
{TRIGGER.ID}
{TRIGGER.ID}
{TRIGGER.ID}
{TRIGGER.ID}
{TRIGGER.ID}

トリガーの名前
{TRIGGER.NAME}
{TRIGGER.NAME}
{TRIGGER.NAME}
{TRIGGER.NAME}
{TRIGGER.NAME}

(マクロで拡張されていない)オリジナルのトリガー名
※2.0.6以降でサポート
-
-
{TRIGGER.NAME.ORIG}
{TRIGGER.NAME.ORIG}
{TRIGGER.NAME.ORIG}

トリガーの深刻度(数値)
※Zabbix 1.6.2からサポート
{TRIGGER.NSEVERITY}
{TRIGGER.NSEVERITY}
{TRIGGER.NSEVERITY}
{TRIGGER.NSEVERITY}
{TRIGGER.NSEVERITY}

トリガーの深刻度
{TRIGGER.SEVERITY}
{TRIGGER.SEVERITY}
{TRIGGER.SEVERITY}
{TRIGGER.SEVERITY}
{TRIGGER.SEVERITY}

トリガーのステータス
障害 / OK
{TRIGGER.STATUS}
{STATUS}
{TRIGGER.STATUS}
{STATUS}
{TRIGGER.STATUS}
{TRIGGER.STATUS}
{TRIGGER.STATUS}

トリガーが定義されているテンプレートのリスト、あるいはトリガーがホスト内で定義されている場合のUNKNOWN のリスト(SQLクエリでソートされ、カンマ区切り)
※2.0.6からサポート
-
-
{TRIGGER.TEMPLATE.NAME}
{TRIGGER.TEMPLATE.NAME}
{TRIGGER.TEMPLATE.NAME}

トリガーのURL
{TRIGGER.URL}
{TRIGGER.URL}
{TRIGGER.URL}
{TRIGGER.URL}
{TRIGGER.URL}

現在のトリガーの値
{TRIGGER.VALUE}
{TRIGGER.VALUE}
{TRIGGER.VALUE}
{TRIGGER.VALUE}
{TRIGGER.VALUE}

トリガー条件式で使用されるシンプルなマクロ
{host:key.func(param)}
{host:key.func(param)}
{host:key.func(param)}
{host:key.func(param)}
{host:key.func(param)}


マップに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

マップのマップ項目に対する未応答イベントの数
または通知で現在のイベントを生成したトリガーに対する未応答イベントの数
※1.8.3以降のマップ項目ラベルでサポート
-
{TRIGGER.EVENTS.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.UNACK}
{TRIGGER.EVENTS.UNACK}

マップの項目に対する対応済みのイベントの数
あるいは、通知内の現在のイベントを生成したトリガーに対する対応済みのイベントの数※1.8.3以降でサポート
-
{TRIGGER.EVENTS.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.ACK}
{TRIGGER.EVENTS.ACK}

※ マップの項目に対する対応済みのイベントの数あるいは、

通知内の現在のイベントを生成したトリガーに対する対応済みのイベントの数が、

Zabbix2.2の英語ドキュメントに記載なしでしたが、対応してますよね?


ユーザマクロに関するもの

内容
v1.6
v1.8
v2.0
v2.2
v2.4

ユーザが定義したマクロ
-
-
-
-
{$MACRO}