Help us understand the problem. What is going on with this article?

Zabbixでの障害通知マクロのまとめ

More than 5 years have passed since last update.

Zabbixから障害通知をメール送付させているが、
監視端末は必要になった時に応じたバージョンを利用している。

そんな中、メールの本文にZabbixのマクロを利用する必要が出てきたのだが、マクロがそのまま表示される症状にぶち当たったので、バージョン別のものをまとめておく。

※ 再アップ版です。
 1つ1つにしたら統一感がなく、もっと見にくかったので、そのままにしました。

追記

2014/9/19 9/11にZabbix2.4がリリースされましたね。
今でも本記事をストック頂く方がいらっしゃるようですので、v2.4に対応させました。
http://qiita.com/AH_korikori/items/9350f94676cfcb7e734a.md
一部さらに見難くなる箇所もございますが、上記URLにてMarkdown形式で閲覧して頂くなど、
ご対応いただけましたら幸いです。

追記2

2015/3/16 "Zabbixでの障害通知マクロのまとめ"をDashドキュメント化しました 記事を投稿しました。
MacOSXアプリDashで読めるように対応しました!

参考ドキュメント

Zabbix-JPドキュメントにある英語版(v1.6)
Zabbix.comドキュメント内のドキュメント(v1.8 - v2.4)

注意:
・このまとめはトリガーから発生する通知のまとめです。
・「○番目の...」となっているものは各バージョンのマクロで<1-9>とし、内容(日本語訳の部分)には表記していません。
・1つしか設定できないものが複数設定できるようになった場合、最初のマクロに入れています。
・非推奨となっているものは使用しておりません(はず)。
・日本語での説明がないものはGoogle先生の翻訳を確認して訳しています。
 足りない、誤りがある、若しくは「こうした方が分かりやすいよ!」というものはご指摘下さい。
 (個人的にこれでいいのか?というのもありますw)

アクションに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
アクションのID
(数値)
- - - {ACTION.ID} {ACTION.ID}
アクションの名前 - - - {ACTION.NAME} {ACTION.NAME}
本日の日付
(yyyy.mm.dd.形式)
{DATE} {DATE} {DATE} {DATE} {DATE}
エスカレーションヒストリ
(以前に送信されたメッセージのログ)
{ESC.HISTORY} {ESC.HISTORY} {ESC.HISTORY} {ESC.HISTORY} {ESC.HISTORY}
現在時刻(hh:mm.ss) {TIME} {TIME} {TIME} {TIME} {TIME}

イベントに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
イベント内の
アクションのログ
- {EVENT.ACK.HISTORY} {EVENT.ACK.HISTORY} {EVENT.ACK.HISTORY} {EVENT.ACK.HISTORY}
イベント内の
アクションの状態
(Yes / NO)
- {EVENT.ACK.STATUS} {EVENT.ACK.STATUS} {EVENT.ACK.STATUS} {EVENT.ACK.STATUS}
イベントの時期 {EVENT.AGE} {EVENT.AGE} {EVENT.AGE} {EVENT.AGE} {EVENT.AGE}
イベントの日付 {EVENT.DATE} {EVENT.DATE} {EVENT.DATE} {EVENT.DATE} {EVENT.DATE}
イベントの時刻 {EVENT.TIME} {EVENT.TIME} {EVENT.TIME} {EVENT.TIME} {EVENT.TIME}
通知したイベントのID
(数値)
{EVENT.ID} {EVENT.ID} {EVENT.ID} {EVENT.ID} {EVENT.ID}
イベントの数値 - - - {EVENT.VALUE} {EVENT.VALUE}
イベントの状態 - - - {EVENT.STATUS} {EVENT.STATUS}
リカバリーした日付 - - - {EVENT.RECOVERY.DATE} {EVENT.RECOVERY.DATE}
リカバリーしたID
(数値)
- - - {EVENT.RECOVERY.ID} {EVENT.RECOVERY.ID}
リカバリーした状態 - - - {EVENT.RECOVERY.STATUS} {EVENT.RECOVERY.STATUS}
リカバリーした時間 - - - {EVENT.RECOVERY.TIME} {EVENT.RECOVERY.TIME}
リカバリーした数値 - - - {EVENT.RECOVERY.VALUE} {EVENT.RECOVERY.VALUE}

ホストに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
通知したトリガーのアイテムのホスト名 {HOSTNAME} {HOSTNAME<1-9>} {HOST.HOST<1-9>} {HOST.HOST<1-9>} {HOST.HOST<1-9>}
IPとホストDNS名(ホスト設定に依存) - {HOST.CONN<1-9>} {HOST.CONN<1-9>} {HOST.CONN<1-9>} {HOST.CONN<1-9>}
ホストの説明 - - - - {HOST.DESCRIPTION<1-9>}
ホストのDNS名 - {HOST.DNS<1-9>} {HOST.DNS<1-9>} {HOST.DNS<1-9>} {HOST.DNS<1-9>}
通知を生成したトリガーのアイテムのIPアドレス {IPADDRESS} {IPADDRESS<1-9>} {HOST.IP<1-9>} {HOST.IP<1-9>} {HOST.IP<1-9>}
ホスト(エージェント)のポート番号 - - - {HOST.PORT<1-9>} {HOST.PORT<1-9>}
ホストインベントリ内のエイリアス - - {INVENTORY.ALIAS<1-9>} {INVENTORY.ALIAS<1-9>} {INVENTORY.ALIAS<1-9>}
ホストインベントリ内のアセットタグ - - {INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>} {INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>} {INVENTORY.ASSET.TAG<1-9>}
ホストインベントリ内のシャーシ - - {INVENTORY.CHASSIS<1-9>} {INVENTORY.CHASSIS<1-9>} {INVENTORY.CHASSIS<1-9>}
ホストインベントリ内の連絡先 {PROFILE.CONTACT} {PROFILE.CONTACT<1-9>} {INVENTORY.CONTACT<1-9>} {INVENTORY.CONTACT<1-9>} {INVENTORY.CONTACT<1-9>}
ホストインベントリ内の連絡先の番号 - - {INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>} {INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>} {INVENTORY.CONTRACT.NUMBER<1-9>}
ホストインベントリ内のデプロイメントステータス - - {INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>} {INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>} {INVENTORY.DEPLOYMENT.STATUS<1-9>}
ホストインベントリ内のハードウェア {PROFILE.HARDWARE} {PROFILE.HARDWARE<1-9>} {INVENTORY.HARDWARE<1-9>} {INVENTORY.HARDWARE<1-9>} {INVENTORY.HARDWARE<1-9>}
ハードウェア(ホストインベントリ内での詳細) - - {INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>} {INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>} {INVENTORY.HARDWARE.FULL<1-9>}
ホストインベントリ内のホストのサブネットマスク - - {INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>} {INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>} {INVENTORY.HOST.NETMASK<1-9>}
ホストインベントリ内のホストのネットワーク - - {INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>} {INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>} {INVENTORY.HOST.NETWORKS<1-9>}
ホストインベントリ内のホストのルータ - - {INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>} {INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>} {INVENTORY.HOST.ROUTER<1-9>}
ホストインベントリ内のハードウェアのアーキテクチャ - - {INVENTORY.HW.ARCH<1-9>} {INVENTORY.HW.ARCH<1-9>} {INVENTORY.HW.ARCH<1-9>}
ホストインベントリ内のハードウェアの撤去日 - - {INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.DECOMM<1-9>}
ホストインベントリの、ハードウェアのメンテナンスの終了日 - - {INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.EXPIRY<1-9>}
ホストインベントリ内のハードウェアのインストール日 - - {INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.INSTALL<1-9>}
ホストインベントリ内のハードウェアの購買日 - - {INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>} {INVENTORY.HW.DATE.PURCHASE<1-9>}
ホストインベントリ内のインストーラ名 - - {INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>} {INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>} {INVENTORY.INSTALLER.NAME<1-9>}
ホストインベントリ内の場所 {PROFILE.LOCATION} {PROFILE.LOCATION<1-9>} {INVENTORY.LOCATION<1-9>} {INVENTORY.LOCATION<1-9>} {INVENTORY.LOCATION<1-9>}
ホストインベントリ内の場所の緯度 - - {INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>} {INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>} {INVENTORY.LOCATION.LAT<1-9>}
ホストインベントリ内の場所の経度 - - {INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>} {INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>} {INVENTORY.LOCATION.LON<1-9>}
ホストインベントリ内のMACアドレスA {PROFILE.MACADDRESS} {PROFILE.MACADDRESS<1-9>} {INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>} {INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>} {INVENTORY.MACADDRESS.A<1-9>}
ホストインベントリ内のMACアドレスB - - {INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>} {INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>} {INVENTORY.MACADDRESS.B<1-9>}
ホストインベントリ内のモデル - - {INVENTORY.MODEL<1-9>} {INVENTORY.MODEL<1-9>} {INVENTORY.MODEL<1-9>}
ホストインベントリ内の名前 {PROFILE.NAME} {PROFILE.NAME<1-9>} {INVENTORY.NAME<1-9>} {INVENTORY.NAME<1-9>} {INVENTORY.NAME<1-9>}
ホストインベントリ内のノート {PROFILE.NOTES} {PROFILE.NOTES<1-9>} {INVENTORY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.NOTES<1-9>}
ホストインベントリ内のOOBIPアドレス - - {INVENTORY.OOB.IP<1-9>} {INVENTORY.OOB.IP<1-9>} {INVENTORY.OOB.IP<1-9>}
ホストインベントリ内のOOBサブネットマスク - - {INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>} {INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>} {INVENTORY.OOB.NETMASK<1-9>}
ホストインベントリ内のOOBルータ - - {INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>} {INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>} {INVENTORY.OOB.ROUTER<1-9>}
ホストインベントリ内のOS {PROFILE.OS} {PROFILE.OS<1-9>} {INVENTORY.OS<1-9>} {INVENTORY.OS<1-9>} {INVENTORY.OS<1-9>}
ホストインベントリ内のOS(詳細) - - {INVENTORY.OS.FULL<1-9>} {INVENTORY.OS.FULL<1-9>} {INVENTORY.OS.FULL<1-9>}
ホストインベントリ内のOS(短縮) - - {INVENTORY.OS.SHORT<1-9>} {INVENTORY.OS.SHORT<1-9>} {INVENTORY.OS.SHORT<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCセル - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.CELL<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCEmail - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.EMAIL<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCの名前 - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.NAME<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCのノート - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.NOTES<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCの電話番号A - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCの電話番号B - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.B<1-9>}
ホストインベントリ内の第1POCの表示名 - - {INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>} {INVENTORY.POC.PRIMARY.SCREEN<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCセル - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.CELL<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCEmail - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.EMAIL<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCの名前 - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.NAME<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCのノート - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.NOTES<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCの電話番号A - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.A<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCの電話番号B - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.PHONE.B<1-9>}
ホストインベントリ内の第2POCの表示名 - - {INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>} {INVENTORY.POC.SECONDARY.SCREEN<1-9>}
ホストインベントリ内のシリアルナンバーA {PROFILE.SERIALNO} {PROFILE.SERIALNO<1-9>} {INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>} {INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>} {INVENTORY.SERIALNO.A<1-9>}
ホストインベントリ内のシリアルナンバーB - - {INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>} {INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>} {INVENTORY.SERIALNO.B<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトアドレスA - - {INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.A<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトアドレスB - - {INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.B<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトアドレスC - - {INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>} {INVENTORY.SITE.ADDRESS.C<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトの都市 - - {INVENTORY.SITE.CITY<1-9>} {INVENTORY.SITE.CITY<1-9>} {INVENTORY.SITE.CITY<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトの国 - - {INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>} {INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>} {INVENTORY.SITE.COUNTRY<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトのノート - - {INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>} {INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>} {INVENTORY.SITE.NOTES<1-9>}
ホストインベントリ内のラックの場所 - - {INVENTORY.SITE.RACK<1-9>} {INVENTORY.SITE.RACK<1-9>} {INVENTORY.SITE.RACK<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトの州/省 - - {INVENTORY.SITE.STATE<1-9>} {INVENTORY.SITE.STATE<1-9>} {INVENTORY.SITE.STATE<1-9>}
ホストインベントリ内のサイトの郵便番号 - - {INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>} {INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>} {INVENTORY.SITE.ZIP<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェア {PROFILE.SOFTWARE} {PROFILE.SOFTWARE<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションA - - {INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.A<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションB - - {INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.B<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションC - - {INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.C<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションD - - {INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.D<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェアアプリケーションE - - {INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.APP.E<1-9>}
ホストインベントリ内のソフトウェア(詳細) - - {INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>} {INVENTORY.SOFTWARE.FULL<1-9>}
ホストインベントリ内のタグ {PROFILE.TAG} {PROFILE.TAG<1-9>} {INVENTORY.TAG<1-9>} {INVENTORY.TAG<1-9>} {INVENTORY.TAG<1-9>}
ホストインベントリ内のタイプ {PROFILE.DEVICETYPE} {PROFILE.DEVICETYPE<1-9>} {INVENTORY.TYPE<1-9>} {INVENTORY.TYPE<1-9>} {INVENTORY.TYPE<1-9>}
ホストインベントリ内のタイプ(詳細) - - {INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>} {INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>} {INVENTORY.TYPE.FULL<1-9>}
ホストインベントリ内のURL A - - {INVENTORY.URL.A<1-9>} {INVENTORY.URL.A<1-9>} {INVENTORY.URL.A<1-9>}
ホストインベントリ内のURL B - - {INVENTORY.URL.B<1-9>} {INVENTORY.URL.B<1-9>} {INVENTORY.URL.B<1-9>}
ホストインベントリ内のURL C - - {INVENTORY.URL.C<1-9>} {INVENTORY.URL.C<1-9>} {INVENTORY.URL.C<1-9>}
ホストインベントリ内のベンダー - - {INVENTORY.VENDOR<1-9>} {INVENTORY.VENDOR<1-9>} {INVENTORY.VENDOR<1-9>}

アイテムに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの説明 - - {ITEM.DESCRIPTION<1-9>} {ITEM.DESCRIPTION<1-9>} {ITEM.DESCRIPTION<1-9>}
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのID
(数値)
※1.8.12以降
- {ITEM.ID<1-9>} {ITEM.ID<1-9>} {ITEM.ID<1-9>} {ITEM.ID<1-9>}
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのキー {TRIGGER.KEY} {TRIGGER.KEY<1-9>} {ITEM.KEY<1-9>} {ITEM.KEY<1-9>} {ITEM.KEY<1-9>}
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの(マクロで拡張されていない)オリジナルキー
※2.0.6以降でサポート
- - {ITEM.KEY.ORIG<1-9>} {ITEM.KEY.ORIG<1-9>} {ITEM.KEY.ORIG<1-9>}
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの最新の値
{{HOST.HOST}:{ITEM.KEY}.last(0)}へのエイリアス
{ITEM.LASTVALUE} {ITEM.LASTVALUE<1-9>} {ITEM.LASTVALUE<1-9>} {ITEM.LASTVALUE<1-9>} {ITEM.LASTVALUE<1-9>}
アイテムで取得したログを検出した時期 - {ITEM.LOG.AGE<1-9>} {ITEM.LOG.AGE<1-9>} {ITEM.LOG.AGE<1-9>} {ITEM.LOG.AGE<1-9>}
アイテムで取得したログを検出した日付 - {ITEM.LOG.DATE<1-9>} {ITEM.LOG.DATE<1-9>} {ITEM.LOG.DATE<1-9>} {ITEM.LOG.DATE<1-9>}
アイテムで取得したログを検出した時間 - {ITEM.LOG.TIME<1-9>} {ITEM.LOG.TIME<1-9>} {ITEM.LOG.TIME<1-9>} {ITEM.LOG.TIME<1-9>}
イベントログのID
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
- {ITEM.LOG.EVENTID<1-9>} {ITEM.LOG.EVENTID<1-9>} {ITEM.LOG.EVENTID<1-9>} {ITEM.LOG.EVENTID<1-9>}
イベントログの重要度
(数値)
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
- {ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.NSEVERITY<1-9>}
イベントログの重要度
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
- {ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>} {ITEM.LOG.SEVERITY<1-9>}
イベントログを取得した情報の場所
※Windows event logをモニタリングする時のみ使用
- {ITEM.LOG.SOURCE<1-9>} {ITEM.LOG.SOURCE<1-9>} {ITEM.LOG.SOURCE<1-9>} {ITEM.LOG.SOURCE<1-9>}
通知したトリガーのアイテムの名前 {ITEM.NAME} {ITEM.NAME<1-9>} {ITEM.NAME<1-9>} {ITEM.NAME<1-9>} {ITEM.NAME<1-9>}
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムの(マクロで拡張されていない)オリジナルの名前 - - {ITEM.NAME.ORIG<1-9>} {ITEM.NAME.ORIG<1-9>} {ITEM.NAME.ORIG<1-9>}
トリガー条件式のN番目のアイテムの最新の値 - {ITEM.VALUE<1-9>} {ITEM.VALUE<1-9>} {ITEM.VALUE<1-9>} {ITEM.VALUE<1-9>}
ノードのID - {NODE.ID<1-9>} {NODE.ID<1-9>} {NODE.ID<1-9>} 記載なし
ノードの名前 - {NODE.NAME<1-9>} {NODE.NAME<1-9>} {NODE.NAME<1-9>} 記載なし
通知の原因となったトリガー条件式のアイテムのプロキシ名
※1.8.4以降でサポート
- {PROXY.NAME<1-9>} {PROXY.NAME<1-9>} {PROXY.NAME<1-9>} {PROXY.NAME<1-9>}
プロキシの説明 - - - - {PROXY.DESCRIPTION<1-9>}

※ NODE.ID / NODE.NAME は、英語含め無記載と見受けられたので、そのまま記載しています。
※ v2.4にて、NODE.ID / NODE.NAME が記載されておりませんでした。その為、"記載なし"と書いております。

トリガーに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
トリガーのコメント {TRIGGER.COMMENT} {TRIGGER.COMMENT} {TRIGGER.DESCRIPTION} {TRIGGER.DESCRIPTION} {TRIGGER.DESCRIPTION}
ステータスに関わらず、すべてのトリガーに対する対応済みの「障害」イベントの数
※1.8.3以降でサポート
- {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.ACK}
ステータスに関わらず、すべてのトリガーに対する未対応の「障害」イベントの数
※1.8.3以降でサポート
- {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.PROBLEM.UNACK}
トリガーが定義されているホストグループのリスト(SQLクエリでソートされ、カンマ区切り)
※2.0.6からサポート
- - {TRIGGER.HOSTGROUP.NAME} {TRIGGER.HOSTGROUP.NAME} {TRIGGER.HOSTGROUP.NAME}
トリガー条件式
※1.8.12以降でサポート
- {TRIGGER.EXPRESSION} {TRIGGER.EXPRESSION} {TRIGGER.EXPRESSION} {TRIGGER.EXPRESSION}
このアクションのトリガーとなったトリガーのID(数値) {TRIGGER.ID} {TRIGGER.ID} {TRIGGER.ID} {TRIGGER.ID} {TRIGGER.ID}
トリガーの名前 {TRIGGER.NAME} {TRIGGER.NAME} {TRIGGER.NAME} {TRIGGER.NAME} {TRIGGER.NAME}
(マクロで拡張されていない)オリジナルのトリガー名
※2.0.6以降でサポート
- - {TRIGGER.NAME.ORIG} {TRIGGER.NAME.ORIG} {TRIGGER.NAME.ORIG}
トリガーの深刻度(数値)
※Zabbix 1.6.2からサポート
{TRIGGER.NSEVERITY} {TRIGGER.NSEVERITY} {TRIGGER.NSEVERITY} {TRIGGER.NSEVERITY} {TRIGGER.NSEVERITY}
トリガーの深刻度 {TRIGGER.SEVERITY} {TRIGGER.SEVERITY} {TRIGGER.SEVERITY} {TRIGGER.SEVERITY} {TRIGGER.SEVERITY}
トリガーのステータス
障害 / OK
{TRIGGER.STATUS}
{STATUS}
{TRIGGER.STATUS}
{STATUS}
{TRIGGER.STATUS} {TRIGGER.STATUS} {TRIGGER.STATUS}
トリガーが定義されているテンプレートのリスト、あるいはトリガーがホスト内で定義されている場合のUNKNOWN のリスト(SQLクエリでソートされ、カンマ区切り)
※2.0.6からサポート
- - {TRIGGER.TEMPLATE.NAME} {TRIGGER.TEMPLATE.NAME} {TRIGGER.TEMPLATE.NAME}
トリガーのURL {TRIGGER.URL} {TRIGGER.URL} {TRIGGER.URL} {TRIGGER.URL} {TRIGGER.URL}
現在のトリガーの値 {TRIGGER.VALUE} {TRIGGER.VALUE} {TRIGGER.VALUE} {TRIGGER.VALUE} {TRIGGER.VALUE}
トリガー条件式で使用されるシンプルなマクロ {host:key.func(param)} {host:key.func(param)} {host:key.func(param)} {host:key.func(param)} {host:key.func(param)}

マップに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
マップのマップ項目に対する未応答イベントの数
または通知で現在のイベントを生成したトリガーに対する未応答イベントの数
※1.8.3以降のマップ項目ラベルでサポート
- {TRIGGER.EVENTS.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.UNACK} {TRIGGER.EVENTS.UNACK}
マップの項目に対する対応済みのイベントの数
あるいは、通知内の現在のイベントを生成したトリガーに対する対応済みのイベントの数※1.8.3以降でサポート
- {TRIGGER.EVENTS.ACK} {TRIGGER.EVENTS.ACK} {TRIGGER.EVENTS.ACK} {TRIGGER.EVENTS.ACK}

※ マップの項目に対する対応済みのイベントの数あるいは、
通知内の現在のイベントを生成したトリガーに対する対応済みのイベントの数が、
Zabbix2.2の英語ドキュメントに記載なしでしたが、対応してますよね?

ユーザマクロに関するもの

内容 v1.6 v1.8 v2.0 v2.2 v2.4
ユーザが定義したマクロ - - - - {$MACRO}
KoriCori
不動産業界からIT業界へ転向。 インフラエンジニアとして勉強中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした