Help us understand the problem. What is going on with this article?

Taxii サーバを試してみる(2.Service/Collection設定)

More than 3 years have passed since last update.

前回に引き続き、taxii serverを試してみる。

今回は、services とcollectionsの設定を確認する。

  • services の設定

設定ファイルの中身を見ていこうと思う。
設定ファイルは、 examples/services.yml を参考にする。

  1. inbox

    設定 説明
    id: inbox サービスの名前を指す
    任意の名称に変更可能
    type: inbox taxiiサーバ上でどの種類のサービスを受け持つかを記載する
    - inbox: サーバにデータを投稿する際に受け入れる
    address: /services/inbox どのURLでクライアントからのレスポンスを受けるかを指定する
    description: Custom Inbox Service Description サービスの説明
    destination_collection_required: yes 宛先となるcollectionが必要か否かを指定する(yes/no)
    accept_all_content: yes 全てのコンテンツにアクセス可能か指定する(yes/no)
    authentication_required: yes 認証が必要か否かを指定する(yes/no)
    認証する場合、鍵認証か、ID/Passを指定する
    protocol_bindings:
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:http:1.0
    サーバにアクセスするプロトコルを指定する
  2. discovery

    設定 説明
    id: discovery サービスの名前を指す
    任意の名称に変更可能
    type: discovery taxiiサーバ上でどの種類のサービスを受け持つかを記載する
    - DISCOVERY: サーバがどのようなサービス(機能)を参照する
    address: /services/discovery どのURLでクライアントからのレスポンスを受けるかを指定する
    description: Custom Discovery Service description サービスの説明
    advertised_services:
      - inbox
      - discovery
      - collection_management
      - poll
    クライアントがどのサービスを利用可能か指定する
    protocol_bindings:
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:http:1.0
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:https:1.0
    サーバにアクセスするプロトコルを指定する
  3. collection_management

    設定 説明
    id: collection_management サービスの名前を指す
    任意の名称に変更可能
    type: collection_management taxiiサーバ上でどの種類のサービスを受け持つかを記載する
    - COLLECTION_MANAGEMENT: サーバが提供するデータフィードを参照する
    address: /services/collection-management どのURLでクライアントからのレスポンスを受けるかを指定する
    description: Custom Collection Management Service description サービスの説明
    protocol_bindings:
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:http:1.0
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:https:1.0
    サーバにアクセスするプロトコルを指定する
  4. poll

    設定 説明
    id: poll サービスの名前を指す
    任意の名称に変更可能
    type: poll taxiiサーバ上でどの種類のサービスを受け持つかを記載する
    - POLL: サーバに蓄積されたデータを参照する
    address: /services/poll どのURLでクライアントからのレスポンスを受けるかを指定する
    description: Custom Poll Service description サービスの説明
    subscription_required: no (まだ内容が理解できてません)(yes/no)
    max_result_count: 100 クライアントに渡すデータの最大数を指定する
    max_result_size: 10 クライアントに渡す最大データサイズを指定する
    protocol_bindings:
      - urn:taxii.mitre.org:protocol:http:1.0
    サーバにアクセスするプロトコルを指定する

    # opentaxii-create-services -c examples/services.yml

    本コマンドにて、serviceが作成される。
    修正する場合も本コマンドを実行することで修正される。

  • collections の設定

設定ファイルは、 examples/collections.yml を参考にする。

設定 説明
name: collection collection の名前
available: true 利用可能か否か(true/false)
accept_all_content: true 全てのデータにアクセス可能か否か(true/false)
type: DATA_SET collectionでのデータの取り扱い(DATA_SET/DATA_FEED)
service_ids:
  - inbox
  - collection_management
  - poll
適用するサービス
supported_content:
  - urn:stix.mitre.org:xml:1.1.1
  - urn:custom.bindings.com:json:0.0.1
投稿コンテンツがサポートする形式

# opentaxii-create-collections -c examples/collections.yml

本コマンドにて、collectionが作成される。
修正する場合も本コマンドを実行することで修正される。

次回は、サーバを本番環境として立ち上げる設定を確認したいと思います。

参照サイト

KoriCori
不動産業界からIT業界へ転向。 インフラエンジニアとして勉強中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした