Help us understand the problem. What is going on with this article?

PowerConnect(スイッチ)の勉強前にハマったシリアル接続の備忘録

More than 5 years have passed since last update.

経緯

サーバ・ネットワーク機器をよく扱っているのに、唯一触っていなかったスイッチ。
RTXであれば会社の機器を使っていいと言われたけれど、主に使用しているPowerConnect系は使用不可。。。

「どうしよう」と考えていたら、オークションで『PowerConnect 3324』が割安で出品されていた!
自由に触れる機会が得られるのであれば!と、購入したのが事の始まり。

購入・機器到着後、事前に買っておいたUSB・シリアル変換ケーブルで、
あれこれ試してみたけど、操作まで1週間位かかったのでその備忘録になります。

接続できた内容

% sw_vers                   
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.9.4
BuildVersion:   13E28

USB・シリアルケーブルとドライバ:
秋月電子通商で販売している、USB-シリアル変換ケーブル スケルトン 延長ケーブル付
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00721/ )を購入。
付属のドライバはWindows用の為、使用しているチップメーカー(Prolific Technology Inc.)から
Mac OSX用のドライバをダウンロード。
http://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?pcid=41&showlevel=0017-0037-0041

付属の延長ケーブルは、ストレートケーブル。
PowerConnectと接続するには、クロスケーブルが必要でしたので別途購入。

接続方法:
Mac - USB・シリアルケーブル - クロスケーブル - PowerConnect 3324

上記のように接続し、無事操作ができるようになりました。

参考サイト

Mac OS X Mavericks に USBシリアル変換アダプタ USB-RSAQ5 のドライバをインストールする
http://blog.kfield.co.jp/2013/12/mac-os-x-mavericks-usb-usb-rsaq5.html

ネットワーク機器シリアルポート情報
http://wiki.tomocha.net/network_serialconsole.html

Mac OS X (Snow Leopard)でSerial Console (シリアルコンソール)
http://www.ytsuboi.org/wp/archives/1219

KoriCori
不動産業界からIT業界へ転向。 インフラエンジニアとして勉強中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした