Edited at

ググるよりもまずはpry

More than 5 years have passed since last update.

Rubyといえば動的型付け言語なので、IDEサポートがほとんど皆無です。

それはしょうがないんですが、やはりIDEサポートはけっこうなアドバンテージに思うわけで。

例えばC#+Visual Studioは素晴らしいです。膨大なBCLも、IntelliSenseがあると結構なんとかなったりします。

もちろんruby環境にも補完機能がないわけではないですが、やはり弱いです。

なのでどうしてもtypo→エラー→ググるというプロセスをよく歩んでしまいます。

そこでpryですよ

pryはirb(rubyの標準インタプリタ)の上位版です。

irbで出来ることはpryでも大抵は可能です。

pryにはシンタックスハイライト機能とかもありますが、一番はlsコマンドとcdコマンドです。

例えば適当なstringオブジェクトをlsしてみると

"hello pry!"オブジェクトのメソッドが一覧されます。

また、同じstringオブジェクトの中に入ってみます。



同じlsでも内容が変わってますね。そう、lsの内容が先ほどのls "hello pry!"と同じ内容になりました。

つまり、cdで中に入ったわけです。

しかし、メソッドだけわかったところであまり旨くないですね。

pryは?コマンドでドキュメントを、$コマンドで定義元のコードを見ることができます。



また、pryのlsは--grepオプションで*正規表現で*grep可能です。

最後に、pry内で.の後にシェルコマンドが使えます。

また、railsを使う際も、pryならrailsの独自拡張メソッドを全てドキュメントとソースを一緒に見れます。

railsでpryを使うには以下をGemfileに書いてbundle installするだけです。

rails consoleがirbでなくpryで起動します。


Gemfile

group :development, :test do

gem 'pry-rails'
gem 'pry-doc'
end

Enjoy Cording!