routerboard
openwrt

RouterBoard OpenWRTへ書き換え(コンパイル)

More than 1 year has passed since last update.

内容が古いです


概要

RouterBoardの450GをOpenWrtに書き換える方法をソースコンパイルからの手順を書きます。

必ずしもソースからOpenWRTを構築する必要はなく、

450G用のバイナリがココにありますのでダウンロードしてコチラで書かれている通りにすれば良いです。

何らかの理由でソースからビルドしたいならこの記事の内容を参考ください。


環境構築

ソースを持って来て適当なところに解凍します。

ソースは例えばこちらなど。

以下で必要なパッケージをインストールします。


centos

yum update

yum install gcc make gcc-c++ zlib-devel ncurses-devel openssl-devel unzip bzip2 patch wget git subversion asciidoc libgcj flex gtk2-devel intltool perl-ExtUtils-MakeMaker binutils bzip2 gcc gcc-c++ gawk gettext flex ncurses-devel zlib-devel make patch unzip perl-ExtUtils-MakeMaker glibc glibc-devel glibc-static quilt ncurses-lib sed sdcc intltool sharutils bison wget git-core opensll-devel xz file


ubuntu(12.04)

apt-get update

apt-get install g++ unzip subversion git-core build-essential libssl-dev subversion mercurial libncurses5-dev devscripts build-essential build-dep gawk wget

echo 'DSCVERIFY_KEYRINGS="/etc/apt/trusted.gpg:~/.gnupg/pubring.gpg"' >> ~/.devscripts
wget http://mirror.esc7.net/pub/Ubuntu/pool/main/g/gawk/gawk_4.0.1+dfsg-2.dsc
wget http://mirror.esc7.net/pub/Ubuntu/pool/main/g/gawk/gawk_4.0.1+dfsg-2.debian.tar.gz
dpkg-source gawk_4.0.1+dfsg-2.dsc
cd gawk-4.0.1+dfsg/
debuild -uc -us
cd ..
dpkg -i gawk_4.0.1+dfsg-2_amd64.deb



カーネル設定ファイル

こちらからコンフィグファイルをダウンロードします。

ビルドディレクトリ直下に配置して名前をconfig.ar71xx_nand→.configに変更します。

ちょっとおまじないしてください。

vi include/prereq-build.mk

+# [ "$$(shell whoami)" != "root" ] # 16行目をコメントアウト

そして以下を実行

make menuconfig

画面の色合いが変わってメニューが表示されるので

Target Imagesを選択 → ramdiskの箇所でスペースキー押下 → Exit → Exit。


ビルド

make V=s -j 4

結構お時間掛かかります(2,3時間?)。

エラーなく終わったらビルドディレクトリの/bin/ar71xx配下に

openwrt-ar71xx-nand-vmlinux-initramfs-lzma.elf

が生成されているはずです。

これをブート用のサーバに移して

こちらで書かれている通りにすればインストールは上手く行くと思われます。

本題は”OpwnWrtを入れて何をしたいのか”だと思いますけど。。

とりあえず以上になります。