Edited at

Raspberry Pi CPU温度比較

More than 1 year has passed since last update.


概要

ヒートシンクやファンの効力がどの程度なのかが知りたく、

ヒートシンク有り無し、ヒートシンク+ファン有りの3種でそれぞれ温度を計測しました。

その時の温度推移などを共有できればと思います。


計測環境

項目
説明

ラズベリーパイ
Raspberry Pi2 Model B

ヒートシンク
W30 × D30 × H20 (mm)
アルミ製

ファン
USB-TOY80BK

室温
29℃くらい

計測を行った際に使用したソースコードはこちらになります。

内容は各コアに負荷加える処理と定期的(1秒毎)にCPU温度を取得する処理となっています。

このコードをラズパイで動かすには以下の手順で環境が整うかと思います。

apt-get install -y gcc git

cd /usr/local
git clone https://github.com/Ki4mTaria/test_temperature_raspi.git
chmod 755 -R /usr/local/test_temperature_raspi/tool/

### start test ###
# 各コアのCPU利用率を100%にする
/usr/local/test_temperature_raspi/tool/start_load.sh
# 1秒ずつCPU温度を取得する
/usr/local/test_temperature_raspi/tool/start_monitor.sh


計測結果


負荷なし

特に重い処理をしない状態の時は以下の温度でした。

パターン
計測結果

ヒートシンク無し
39℃

ヒートシンク有り
34℃

ヒートシンク有り+ファン
33℃


負荷あり

CPUに負荷を加えて各コアを100%の状態にして10分間程様子を見ました。

いづれの場合も負荷をかけて1秒もしないうちに一気に5度くらい上昇しました。

その後もじわじわ上昇し10分後に以下の温度で落ち着きました。

パターン
計測結果

ヒートシンク無し
58℃

ヒートシンク有り
47℃

ヒートシンク有り + ファン
43℃


温度推移


負荷10分

10分間負荷を加えた際の温度推移は以下となりました。

ヒートシンク+ファンの場合43℃くらいまでは上昇しましたが

それ以上は上がらずそのまま維持しました。

temp_compare.png


負荷1時間

(途中)

グラフはまだです。。

長く負荷を加えるとヒートシンク有り(ファンは無し)でもじわじわと温度が上がっていき

ヒートシンク無しの温度(58℃)に近づいてきました。


(適当な)結論

ヒートシンク + ファンでやった方が良いかもしれません。

が、ファンは中々うるさいですよ。