CentOS
cloud9
python3
Anaconda
GMOクラウドVPS

Centos7(Cloud9ではありません)にAnacondaをインストールしてJupyterを動作させる

Anacondaのインストール

参考
http://qiita.com/t2y/items/2a3eb58103e85d8064b6

インストールプログラムをダウンロード

https://www.continuum.io/downloads
からlinux版をダウンロード

インストールプログラムを起動する(rootで起動)

bash Anaconda3-4.3.0-Linux-x86_64.sh 

PATHの設定

今回はAnacondaのパスを/root/.bashrcに設定しました

# added by Anaconda3 4.4.0 installer
export PATH="/root/anaconda3/bin:$PATH"

pythonの起動確認

python

Jupyterの起動

参考
http://qiita.com/hiroseabook/items/1da01ea439b01c1eb48c

上記の参考サイトからconfigファイルの作成

# ホームディレクトリにConfigファイルのパスが通っていることを確認
$ jupyter --path
# ホームディレクトリにconfigファイルを作成
$ mkdir ~/.jupyter
$ touch ~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py

configファイルの編集

shaの部分は下記の手順で暗号化された文字列を取得してから入力する

c.NotebookApp.ip = '*'
c.NotebookApp.open_browser = False
c.NotebookApp.port = 8888
c.NotebookApp.password = u'sha1:hogehogehogehogehogehoge' #あとで生成した文字に置き換えること

ログインパスワードの設定

# iPythonを起動
$ ipython

# 暗号化された文字列を生成するためにライブラリ読み込み
In [1]: from notebook.auth import passwd

# パスワードを入力して暗号化された文字列を生成
In [2]: passwd()
Enter password: 
Verify password: 
Out[2]: 'sha1:(暗号化された文字列)'

# iPythonから抜ける
In [3]:                                                                                                                                               
Do you really want to exit ([y]/n)? y

pleskのファイアーウォールで8888ポートを開放する

ログインパスワードの設定

暗号化された文字列をJupyterのコンフィグファイルに書き込む

~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py

c.NotebookApp.password = u'sha1:(4.4.1.で生成した文字列)'

Jupyter Notebookを実行

rootで起動するときには下記のオプションを付ける

jupyter notebook --allow-root root

私的メモ

pykdbをimportするために下記のようにパスを追加する

import sys
sys.path.append('/root/jupyter/pykdb-master/build/lib/')
import datetime
from pykdb import Futures, Indices, Stocks, Statistics