Swift
FirebaseAnalytics

iOSアプリの利用状況分析のためのFirebase Analyticsの設定手順


はじめに

iOSアプリの改善のために、アプリの利用状況の分析をしたいと思い、Firebase Analyticsを使ってみました。この記事では、Firebase Analyticsのクラウド側の設定と、iOSアプリを作成してFirebase Analyticsでデータが取得できるまでを書いていきます。

基本的には、Firebase Analyticsの説明通りに進めればうまくいきました。1つだけ、はまったところがあったので、それも書いておきます。最後の方は、画面キャプチャを並べてあるので、雰囲気をみたい方は、見てみてください。

Firebase Analyticsで何が見れるかは、Firebase Consoleにあるデモプロジェクトを見るのがわかりやすいと思います。


iOSアプリのFirebase Analytics導入手順


  1. Firebase Consoleでプロジェクトの作成

  2. Firebase Consoleでアプリの登録

  3. Swift用のgoogleService-Info.plistをXcodeプロジェクトに登録

  4. CocoaPodsでFirebase SDKの追加



    • pod init でPodfileを作成

    • Podfileに以下を追加\
       pod 'Firebase/Core'


    • pod install.xcworkspaceファイルの作成




  5. .xcworkspaceファイルを開いて、AppDelegate.swiftに初期コードを追加。

import Firebase // この行を追加

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
FirebaseApp.configure() // この行を追加
return true
}


はまったところ

初期コード'import Firebase'をAppDelegate.swiftに追加した時に、以下のエラーメッセージが出ました。

Could not build Objective-C module 'Firebase'

最初は、なかなか原因がわかりませんでしたが、projectName.xcodeprojでXcodeを立ち上げていました。

pod installで生成したprojectName.xcworkspaceでXcodeを立ち上げたら上記のエラーは出なくなりました。


手順(画面キャプチャ付き)

Firebase Analyticsの設定画面のキャプチャです。手順通りに進めていけば、ダッシュボードにアプリの情報が表示されるようになります。


アプリの追加

ダッシュボードからアプリを追加する。ここでは、iOSを選択。

<br>
<br />20190509-firebase-analytics-install1.png


アプリの登録

iOSのバンドルIDを登録する。

<br>
<br />20190509-firebase-analytics-install2.png


設定ファイル(plist)を追加

<br>
<br />20190509-firebase-analytics-install3.png


CocoaPodsでFirebaseの設定

<br>
<br />20190509-firebase-analytics-install4.png


アプリにFirebase Analyticsの設定を追加

<br>
<br />20190509-firebase-analytics-install5.png


参考文献