Edited at

Xcode10.2 で XVimを使う方法


2019/03/30 ご注意


  • macOS Mojave 10.14.4, Xcode 10.2の作業内容

  • macOS Mojave で update_xcode_pluginsを使うやり方だとシミュレータ内のアプリが起動しない


  • 公式のやり方で自作証明書でSigningする必要あります


作業手順


1-1. 古いXVim, XVim2があるなら消す

cd ~/Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Plug-ins/

ls
rm
-rf XVim.xcplugin
rm -rf XVim2.xcplugin


1-2. 過去にupdate_xcode_plugins使っていたなら戻す

update_xcode_plugins --restore


2. XcodeをSigning



  • 公式のやり方を参考に行う



    • codesign 実行完了までに10分前後かかるので、気長に待ちましょう。途中でパスワード求められます。




3. XVim2 を pull & make インストール

# 開発用のフォルダなどにcloneする

cd path/to/dev

# 既にclone済みであれば git checkout master
git clone git@github.com:XVimProject/XVim2.git XVim2
cd XVim2

make


4. Xcode起動する


  • 起動済みであれば、完全終了(キーボードショートカット command+q)してから起動


    • パスワードを求められる



  • いつもの「Load bundle」か「Skip bundle」を聞かれるので、Load bundleを選択

  • Xcode menu > Edit > XVim があれば loadできてる