Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Python】レトロゲームエンジンPyxel

More than 1 year has passed since last update.

Pythonのレトロゲーム用ゲームエンジンPyxelのメモです。
https://github.com/kitao/pyxel

インストールから使い方まで、分かりやすくREADMEが書かれているため、そちらを見れば大体分かります(日本語もあり
https://github.com/kitao/pyxel/blob/master/README.ja.md

READMEにも画像が載っていますが、以下はサンプルのジャンプゲーム(pyxel/examples/02_jump_game.py)です。
 02_jump_game.gif

仕様

  • Windows、Mac対応 (Linux版は開発中)
  • Python3によるコード記述
  • 16色固定パレット
  • 256x256サイズ、3画像バンク
  • 256x256サイズ、8タイルマップ
  • 4音同時再生、定義可能な64サウンド
  • 任意のサウンドを組み合わせ可能な8ミュージック
  • キーボード、マウス、ゲームパッド
  • 画像・サウンド編集ツール

パレット数とか、画面サイズとか和音数とかレトロゲームを意識した仕様になっています。

アプリケーションの作成方法

フレームの更新処理と描画処理を定義して、pyxel.run()するだけです。
シンプル。

import pyxel

class App:
    def __init__(self):
        pyxel.init(160, 120)
        self.x = 0
        pyxel.run(self.update, self.draw)

    def update(self):
        self.x = (self.x + 1) % pyxel.width

    def draw(self):
        pyxel.cls(0)
        pyxel.rect(self.x, 0, self.x + 7, 7, 9)

App()

描画API

ドット、ライン、矩形、円、BLT等の11種のAPIで描画が可能です。
シンプル。
03_draw_api.gif

サウンドAPI

5種のAPIでサウンド再生が可能です。
シンプル。
04_sound_api.gif

専用エディタ

ドット絵やサウンドの作成ツールも同梱されいます。


眺めていたら、久々にゲームを作りたい気持ちがわいてきました。

以上。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away