Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Kaz_akao

Redashのデータソースを作成する

前回の記事でAWSのRDSにデータをインポートしてデータの準備が出来ましたので、今回はRedashにログインしてデータソースを作成してみたいと思います。

Redashへのログイン

① 最初にAWSのEC2インスタンスとRDSが起動されていることを確認します。
​  起動されていない場合は、起動しておいてください。
② EC2インスタンスのパブリックIPアドレスをコピーします。
EC2アドレス
③ コピーしたIPアドレスをブラウザのURLに入力します。
URL入力
④ Redashの初期設定画面が表示されますので、各項目を入力し、「セットアップ」ボタンを押下します。
redash初期設定
⑤ 以下の画面が表示され、ログイン完了です。
ログイン完了

データソース(Amazon RDS)作成

① ツールバー右の「v」を選択し、表示されたリストから「Data Sources」を選択します。
redashプルダウンメニュー
② 設定画面が表示されますので、「+ New Data Source」ボタンを押下します。
データソースボタン押下
③ データソースを選択するサブウインドウが表示されますので、ここでは「MySQL (Amazon RDS)」を選択します。選択したら「Create」ボタンを押下します。
サブウィンドウ
④ データソースの接続情報を入力し、データソースの作成を行います。
データソース接続情報入力
⑤ 接続テストを行い、成功と表示されたら「保存」ボタンを押下します。
接続テスト
⑥ Data Sourcesタブにデータソースが作成されました。
image-20200818164819546.png
以上で、データソース(Amazon RDS)の作成は終了です。

株式会社メソドロジック
赤尾 一優 @Kaz_akao

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
methodologic
Methodologic技術ブログ

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?