Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Kaz_akao

BIツール Re:dashの実行環境をAWS上に作成してみた

BIツールの比較検証を行った際に、AWS上にRe:dashの検証実行環境を作成しましたので、その際の手順を以下に纏めておきます。

AWS設定

◆VPC作成

① まず初めに、以下の設定を行い、VPCを作成します。(指定のないものはデフォルト設定です。)
VPC設定
② VPCが作成されると、以下の通りに表示されます。
VPC一覧
以上で、VPCの作成は終了です。


◆サブネット作成

① 次に、パブリックサブネット1つとプライベートサブネット2つ1を作成します。

  1. パブリックサブネット パブリックサブネット設定
  2. プライベートサブネット プライベートサブネット設定1 プライベートサブネット設定2 ② サブネットが作成されると、以下の通りに表示されます。 サブネット一覧 以上で、サブネットの作成は終了です。

◆インターネットゲートウェイ作成

① 以下の設定を行い、インターネットゲートウェイを作成します。(指定のないものはデフォルト設定です。)
igw設定
② インターネットゲートウェイが作成されると、以下の通りに表示されます。
igw一覧
③ 次に、作成したインターネットゲートウェイを選択し、[アクション] - [VPCにアタッチ] を選択します。
vpcアタッチ1
④ 作成したVPCを選択し、インターネットゲートウェイのアタッチを行います。
vpcアタッチ2
⑤ アタッチすると、以下のように表示されます。
igw一覧attach
以上で、インターネットゲートウェイの作成は終了です。


◆ルートテーブル作成

① 以下の設定を行い、ルートテーブルを作成します。(記載のないものはデフォルト設定です。)
ルートテーブル設定
② 作成されたルートテーブルを選択し、サブネットの関連付けタブ内の「サブネットの関連付けの編集」ボタンを押下します。
サブネット関連付け
③ 作成したパブリックサブネットを選択し、保存します。
関連付けサブネット選択
④ 保存すると、下記のように関連付けされます。
サブネット関連付け終了
⑤ 次に、ルートタブの「ルートの編集」ボタンを押下します。
ルート編集ボタン押下
⑥ パブリックサブネットから外部へのルーティングを追加します。
  「ルートの追加」ボタンを押下し、以下の設定を行います。
ルート追加
⑦ 保存すると、以下のように表示されます。
ルート一覧
以上で、ルートテーブルの作成は終了です。


◆セキュリティグループ作成

① 下記の設定を行い、EC2インスタンスのセキュリティグループを作成します。(指定のないものは、デフォルト設定です。)
EC2sg設定
「ルール追加」ボタンを押下し、インバウンドルールを設定します。
インバウンド設定
③ セキュリティグループが作成されると、以下のように表示されます。
インバウンドルールEC2
④ 続いて、RDSのセキュリティグループを作成します。
RDSsg設定
⑤ セキュリティグループが作成されると、以下のように表示されます。
インバウンドルールRDS
以上で、セキュリティグループの作成は終了です。


◆EC2インスタンス(Webサーバ)作成

「インスタンスの作成」ボタンを押下します。
② Redash用のAMIを検索します。(今回は、東京リージョン用のAMIを選択)
  https://redash.io/help/open-source/setup#aws から使用するAMIを検索欄に入力して検索を行い、選択します。
AMI選択
③ インスタンスタイプを選択します。(T2.microだと動かないので、t2.small以上を選択します。)
インスタンスタイプ選択
④ インスタンスの詳細設定を行います。(指定のない項目はデフォルト設定です。)
インスタンス設定1
⑤ 続いて、ストレージの追加設定を行います。(デフォルト設定のままで大丈夫です。)
インスタンス設定2
⑥ 続いて、セキュリティグループの設定を行います。
インスタンス設定3
⑦ 最後に、インスタンス作成の確認を行い、「起動」ボタンを押下します。
インスタンス設定4
⑧ キーペア作成に関するダイアログが表示されますので、新しいキーペアの作成を選択し、キーペアのダウンロードを行います。
​ ※ダウンロードしたキーペアは、今後rLoginやTera Term等でEC2にアクセスする際に必要となりますので、大切に保存しておいてください。
​ ダウンロード終了後、インスタンスの作成を行います。
キーペア作成
⑨ 作成が完了すると、以下のように表示されます。(チェック合格になると完了)
インスタンス一覧
以上で、EC2インスタンスの作成は終了です。


◆RDS作成

① 以下の設定を行い、RDSの作成を行います。(指定のないものはデフォルト設定です。)
DB選択
DB認証情報設定
DB接続情報設定
DBVPCsg設定
DB追加設定
② RDBが作成されると、以下のように表示されます。(ステータスが利用可能になると完了)
DB一覧
以上で、RDSの作成は終了です。

AWSの設定は以上になります。

Re:dash検証実行環境構成(AWS)

今回、Re:dash検証用に上記で作成した実行環境の構成は、以下の通りです。

本番環境で運用する際には、可用性の向上やインスタンスのスケールアップなどの対応が必要になります。
システム構成

株式会社メソドロジック
赤尾 一優 @Kaz_akao


  1. プライベートサブネットにRDSを配置するには、サブネットが2つ必要になるため 

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
methodologic
Methodologic技術ブログ

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?