Edited at

Rust実行環境構築 in Atom

More than 1 year has passed since last update.


 Rustを簡単に試せる環境をAtom上に構築する。


Rust?

Unknown.png

Rustはオブジェクト指向・関数型・並列型とマルチパラダイムな言語です。

速度・型安全・メモリ安全と使い手にとっても安全安心な言語です。


atom上で動かしたいコード

Rustのサイトのトップにあるコードを動かす環境を作ってみましょう

// This code is editable and runnable!

fn main() {
// A simple integer calculator:
// `+` or `-` means add or subtract by 1
// `*` or `/` means multiply or divide by 2

let program = "+ + * - /";
let mut accumulator = 0;

for token in program.chars() {
match token {
'+' => accumulator += 1,
'-' => accumulator -= 1,
'*' => accumulator *= 2,
'/' => accumulator /= 2,
_ => { /* ignore everything else */ }
}
}

println!("The program \"{}\" calculates the value {}",
program, accumulator);
}


手順

1.公式サイトからインストールをおこなってください。

2.atomをインストールしてください

3.atom->環境設定->installから次のパッケージを検索してインストールしてください


script(https://atom.io/packages/script)

language-rust(https://atom.io/packages/language-rust/)

(atom-language-rustというのもありますがそれではありません)


4.hello.rsというファイルを作ってなかに先ほどのコードをコピペしてください

5.そのファイルをAtomで開いて⌘+I(mac)、またはCtrl+Shift+B(Windows)を押してください

スクリーンショット 2017-01-06 19.31.04.png

6.実行でけた!


できなかった人は以下のパターンが考えられます

1.PATH通ってない -> 再ログインまたは再起動

2.atomのパッケージちゃんとつながってない -> atom再起動

3.ショートカット聞かない -> ⌘+Shift+P(mac)/Ctrl+Shift+P(windows)でパレットを開いてrunと入力してEnter


  1. terminal/powershellでrustc 実行したいファイル.rsをやる -> 動かない場合はエラーの対処

  2. Windowsの人はVisual C++ Option付きでVisualStudio2015(2013)入ってるか確認


簡単

最近だとWebフロントにも応用できる可能性があるということ、モダンでありながら低級にも対応した柔かい言語を試す環境をatomに作ってどんどん実験していきましょう!