Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsでファイル名を間違えて「generate」してしまった時の対策

More than 3 years have passed since last update.

Railsでファイル名を間違えて「generate」してしまった時の対策

Railsコマンドの1つである generateコマンド 。
controllerやmodelなど様々なファイルを生成する大変便利なコマンドです。

しかし、このコマンドを使いファイルを生成するときに名前を間違えてしまった場合
誤った名前(saamon)のファイルがポコポコと大量に生成されてしまいます。

今回は英語の綴を間違えてしまった例です。

command
rails generate model saamon
コマンドプロンプトの表示
invoke  active_record
create    db/migrate/20170809020847_create_saamons.rb
create    app/models/saamon.rb
invoke    minitest
create      test/models/saamon_test.rb
create      test/fixtures/saamons.yml

salmonが正しいのにsaamonという名前でファイルを生成してしまいました。

これらのファイルを一つずつ消していくのは非常に面倒です。

そこで力を発揮するのが destroyコマンドです。

このコマンドの使い方は、簡単でgenerateと同じような感覚で使えます。

command
rails destroy model saamon
コマンドプロンプトの表示
invoke  active_record
remove    db/migrate/20170809020847_create_saamons.rb
remove    app/models/saamon.rb
invoke    minitest
remove      test/models/saamon_test.rb
remove      test/fixtures/saamons.yml

綺麗サッパリ消すことができました。

また、短縮して「destroy」を「d」と省略して使用することも可能です。

command
rails d model saamon

以上、ファイル名を間違えて「generate」してしまった時の対策でした

Kashiwara
nimとtsが好きです よろしくお願いします
sportsfield
人材支援会社、株式会社スポーツフィールドのIT・WEB開発部門
https://www.sports-f.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away