Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SF標準機能】インテグレーション機能を利用して位置情報を取得する

はじめに

Salesforce標準機能の中で、リードや取引先責任者に入力した住所情報を元に、緯度経度情報を自動取得してくれる機能があると知り、試しに使用してみました。

インテグレーション機能の有効化

設定画面の[インテグレーションルール]を表示し、使用する機能を有効化します。
今回は[Geocodes for Lead Address][Geocodes for Contact Mailing Address]を有効化しました。
WS000144.JPG

住所を入力

設定が完了したので、実際にリードを作成し、住所を入力して保存します。
WS000146.JPG

保存後、緯度経度を取得できていることが確認できます。
WS000147.JPG

データ間の距離を算出

緯度経度データを使用して、データ間の住所の距離を測定できます。
WS000148.JPG

さいごに

まだまだ使用していない標準機能がありますので、継続して試用していこうと思います!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした