Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rの任意のバージョンをインストールする方法 (Ubuntu 16.04 LTS)

More than 1 year has passed since last update.

初めに

自分の研究室にやってきた留学生の子が、研究室のPC(Ubuntu 16.04 LTS)にRをインストールする際、最新のRではなく、その子が普段使っているRのバージョンをインストールしたいと言ったのがきっかけ。

方法

色々と調べた結果、Rの特定のバージョンをインストールする方法が分からなかったので、最新のRをインストールした後に任意のバージョンにダウングレードすることにした。
今回はその方法を記載する。

1. 最新版のRをインストール

○ sources.listを編集

/etc/apt/sources.listに以下を追加する

deb https://<①適当なCRANのミラーサイト>/bin/linux/ubuntu <②バージョンによる>/

① 今回は、統計数理研究所のCRAN( https://cran.ism.ac.jp)を使うことにした。何を選んでもインストールできると思う。
CRANについて

② Ubuntuのバージョンは16.04の場合は,xenialである。

よって、今回は以下のコマンドでsources.listに追加した。

echo "deb https://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/"

○ 公開鍵をaptに登録

gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9

gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -

○ aptでRをインストール

sudo apt update

sudo apt install r-base

これで最新版のRをインストール完了

2. 任意のバージョンにダウングレード

sudo apt-get -y --allow-downgrades install r-base-core=x.x.x-1xenial0

sudo apt-get -y --allow-downgrades install r-base-dev=x.x.x-1xenial0

sudo apt-get -y --allow-downgrades install r-doc-html=x.x.x-1xenial0

この3つのコマンドでダウングレード完了です。
x.x.xに任意のバーションを記入してください。

以上で終わりです!

終わりに

なんだかしっくりこない方法になってしまったなぁ
(追記:Renvなるバージョン管理コマンドラインツールがあったので、それを使ったほうが幸せになれそう)

参考

UBUNTU PACKAGES FOR R
Ubuntu 16.04 に R と Rstudio をインストール
[R] R 3.3.3から3.3.2にダウングレードする方法

Kansei
planningdev
九州工業大学 ITサービス開発・運用団体
https://www.planningdev.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした