Edited at

Wi-Fi 接続を設定するQRコードを作成する。ターミナルで

先月この記事を見ました。

pure JS WiFi QR Code Generator - 無線LAN情報を記載したQRコード生成

Wi-Fi 接続用の QRコードのスキーマがあって、以下のフォーマットで QR コードを作成し、特定のデバイスでスキャンすると Wi-Fi 接続を設定してくれるようです。知らなかった。

WIFI:T:WPA;S:SSID;P:PASSWORD;;

iOS11+ と Android で使えるようです。勉強会やカンファレンスなどで Wi-Fi 接続情報を配るのに便利そうですね。


最速で QR コードを得るために CLI ツールを利用する

CLI で Wi-Fi 接続設定用の QR コードを作成するツールが qrfi です。

Node.js ユーザーは npm や Yarn でインストールすることができます。

$ npm install qrfi -g

# または
$ yarn global add qrfi

グローバルを汚染しないで!という人は npx コマンドで即時実行することができます。

$ npx qrfi -h


ターミナル上に QR コードを表示する

qrfi は QR コードを標準出力に書き出します。

$ npx qrfi SSID -p PASS

カラーエスケープで QR コードが描かれます。 Expo 使いにはおなじみですね。


png 画像が欲しい

png 画像を吐き出すオプションもあります。 -f オプションを付けてファイルにリダイレクションしましょう。

$ npx qrfi SSID -p PASS -f png > wifi.png

png 画像が得られます。


セキュリティ

もちろんQRコードにはパスワードが含まれていますので、作成した QR コードの取り扱いには注意してください。