Edited at

VisualStudio for macでXamarin.Formsを実機デバッグする

More than 1 year has passed since last update.


まえがき

iPhone/Androidの実機デバッグまでの手順を記載します。

Apple Developer Programは不要です。

Xcode9とかを使えばwifi経由でデプロイできるみたいですが、

今回はUSB接続で行います。


もくじ


  • 開発環境

  • プロビジョニングプロファイルの作成

  • プロジェクトの作成

  • 実機デバッグ(iPhone)

  • 実機デバッグ(Android)


開発環境


  • macOS 10.12.5

  • VisualStudio for Mac Community 7.0.1

  • Xcode 8.3.3

  • iPhone 5s (iOS 10.3.2)

  • Nexus5 (Android 6.0.1)


プロビジョニングプロファイルの作成

iPhoneの実機デプロイには、プロビジョニングプロファイルというものが必要です。

これはVisualStudio for Macでは作成できないため、Xcodeを使って作成します。

Xcodeを起動し、File→New→Projectで新規プロジェクトを立ち上げてください。

Single View Applicationを選択し、適当に入力項目を埋めます。

ss 2017-07-09 21.15.10.png

プロジェクトが作成されました。

この時のBundle Identifierは後で使いますので覚えておいてください。

ss 2017-07-09 21.22.23.png

iPhoneをmacに接続します。するとXcodeが勝手に認識してくれるのでそのままビルドします。

ss 2017-07-09 21.24.28.png

なんか怒られました。

ss 2017-07-09 21.30.20.png

iPhoneの設定→一般→デバイス管理→デベロッパAPPで開発元を信頼して再チャレンジです。

IMG_0027.png

無事デプロイできた場合、真っ白な画面が立ち上がると思います。

これでプロビジョニングプロファイルが作成できました。


プロジェクトの作成

VisualStudioを起動し、ファイル→新しいソリューションを選択します。

プロジェクトのテンプレートはもちろんXamarin.Formsにします。

ss 2017-07-09 21.51.14.png

適当に入力項目を埋めます。

ss 2017-07-09 21.54.03.png

プロジェクトが作成されました。


実機デバッグ(iPhone)

最近のIDEは賢いので、すでにiPhoneも認識されていると思いますので、そのままビルドします。

ss 2017-07-09 22.01.05.png

なんか怒られました。

ss 2017-07-09 22.10.24.png

Info.plistファイルを開きます。

バンドル識別子が「kakeru.xamarintest.hogehoge」になっています。

これをXcodeのBundle Identifierと合わせます。「kakeru.XamarinTest」に修正して再チャレンジです。

ss 2017-07-09 22.11.44.png

無事デプロイできました。

IMG_0030.PNG


実機デバッグ(Android)

iPhoneのめんどくささに比べたら、Android端末は死ぬほど簡単です。

端末をmacに接続したら、すぐさま認識してくれます。そのままビルドしてください。

ss 2017-07-09 22.24.29.png

無事デプロイできました。超簡単ですね。

Screenshot_20170709-222746.png

以上です。

不備やタイポ、作業手順で分からない事などありましたら

お気軽にご連絡ください。