Help us understand the problem. What is going on with this article?

date_selectのオプション指定の仕方

More than 3 years have passed since last update.

<p><%= f.date_select :カラム名, {:discard_day => true} %></p>

これで通常、年月日が表示されるのを年月にするようにオプション指定できる。

例えば、もし月もなくしたければ、:discard_month => trueを追加

で、注意なんだけど、dbのカラムのカラム型はdateにしないとエラーが起こる。
もし<%= f.datetime_select %>だったらそれに合わせてカラム型をdatetimeにする。

オプション一覧

オプション 説明
:use_month_numbers 月を数字で表示
:use_two_digit_numbers 月と日を2桁表示
:use_short_month 月名を省略形で表示
:add_month_numbers 数値 + 月名表示
:use_month_names 月名をカスタマイズ
:date_separator 年月日の区切り文字
:start_year 開始年
:end_year 終了年
:minute_step 分の間隔を変更
:discard_day 日の選択ボックスを非表示
:discard_month 月の選択ボックスを非表示
:discard_year 年の選択ボックスを非表示
:order 並び順を指定
:include_blank 空を含めて表示
:default デフォルトの日付を設定
:selected 優先した設定
:disabled 選択を無効
:prompt 選択値の一番上を指定
:with_css_classes スタイルを変更するタグの設定
:discard_type 名前の型を破棄
:prefix 名前の接頭辞を設定
:size フォームの幅
:maxlength 入力フィールドに入力可能な最大文字数
:accept フォームで受付可能なMIMEタイプ
:readonly フォームの内容変更禁止
:disabled フォームの項目の利用禁止
:tabindex Tabキーによる入力欄の移動順
:accesskey フォームに移動するショートカットキー
:id 要素固有の識別子
:class 要素を分類するクラス名
:title 要素の補足情報
:style 要素の補足情報
:dir 表記方向
:lang 基本言語

Kaisyou
オーストラリアで修行中
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away