Ruby

ruby アップデートの仕方

More than 1 year has passed since last update.

rbenvの確認

$ rbenv --version

ruby-buildのインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

これをやると、
$ rbenv install --listこれを実行した時に、

rubyのインストールできるバージョンの最新版が表示されるようになる。

自分が入れたいバージョンのrubyをインストールする

$ rbenv install --list  これで自分が入れたいrubyのバージョンを確認

$ rbenv install -v 2.3.1  これで、2.3.1がインストールされる。

インストールされているrubyのバージョンの確認

$ rbenv versions

* system (set by /Users/m.k/.rbenv/version)
  2.1.3
  2.3.1

この状態は、2.3.1をinstallしただけになっていて、まだ前のrubyのバージョンのままになっている。

バージョンを上げる

$ rbenv global 2.3.1

これをやれば、おk。

$ rbenv versions

* system (set by /Users/m.k/.rbenv/version)
  2.1.3
  2.3.1

・・・。
そう、pathを通さなければいけない。

環境設定

# PATH に追加
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

# .bash_profile に追加
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

# 上記設定の再読み込み
$ exec $SHELL -l

これで、

$ rbenv versions

  system
  2.1.3
* 2.3.1 (set by /Users/m.k/.rbenv/version)

無事、バージョンアップ完了。