Keyboard
proxy
msys2
QMK

自作キーボード用 QMK の firmware の build環境をHTTP proxy環境下で作る

自作キーボード用 QMK の firmware の build環境をHTTP proxy環境下で作る
Window10向け

目的は、自作キーボードのキーマップを自由に変更することで、そのための準備となる。

インストールは三段階で、
1. 最初にMSYS2でshell環境で土台を作る
2. software入手のためにGitを入れる。
3. 最後にQMK firmwareを入手し、作りたいkeyboardのbuild環境を構築する。

ここまでできたら、利用したいkeyboardのfirmwareをArduino Microなどに書き込む流れ。

1. MSYS2 Installation

https://www.msys2.org/

Set proxy

$ export http_proxy=http://proxyserver:portnumber

Update Core system and others

$ pacman -Syu

2. Install Git

$ pacman -S git

Set proxy

$ git config --global http.proxy http://proxyserver:portnumber        
$ git config --global https.proxy http://proxyserver:portnumber

設定を確認する

$ cat .gitconfig

[http]
        proxy = http://proxyserver:portnumber
[https]
        proxy = http://proxyserver:portnumber

3. Install QMK source code

$ git clone https://github.com/qmk/qmk_firmware.git

QMKファームウェアビルド環境の構築

$ cd qmk_firmware
$ ./util/msys2_install.sh

/mingw32/binにpathを通す

avrdude向け

$ export PATH=$PATH$:/mingw32/bin

Build keyboard firmware

$  make iris/rev2:default

Burn keyboard firmware

$  make iris/rev2:default:avrdude