Keyboard
proxy
msys2
QMK

自作キーボード用 QMK の firmware の build環境をHTTP proxy環境下で作る

目的

Iris キーボードのキーマップを変更するためののソフトウェアの準備をする。特に HTTP Proxy環境下での環境に対応する。

動作環境

Window10 で動作しているが他のversionでも大丈夫なはず。

環境構築の流れ

  1. MSYS2 をインストールし、shell環境の土台を作る
  2. Git をインストールし、QMK software入手のための準備をする
  3. QMK firmware を入手する

この後、利用したいkeyboardのfirmwareをArduino Microなどに書き込む流れとなる。

運用の流れ

  1. Iris keyboard の keymap を好きなように変更する
  2. Iris keyboard の firmware を build する 
  3. firmware を Pro Micro に書き込む

1. MSYS2 Installation

https://www.msys2.org/

Set proxy

自分の環境に合わせる
$ export http_proxy=http://proxyserver:portnumber

Update Core system and others

最新にしておく
$ pacman -Syu

2. Install Git

software入手のためインストールする
$ pacman -S git

Set proxy

自分の環境に合わせる
$ git config --global http.proxy http://proxyserver:portnumber        
$ git config --global https.proxy http://proxyserver:portnumber

設定を確認する

check

$ cat .gitconfig
[http]
        proxy = http://proxyserver:portnumber
[https]
        proxy = http://proxyserver:portnumber

ここまできたら、QMKのsource codeを入手する

3. Install QMK source code

結構時間かかる
$ git clone https://github.com/qmk/qmk_firmware.git

QMKファームウェアビルド環境の構築

$ cd qmk_firmware
$ ./util/msys2_install.sh

/mingw32/binにpathを通す

avrdudeのためだがもはや不要かも。build中にavrdudeが見つからないとerrorが出たらPATHに追加しておく。

$ export PATH=$PATH$:/mingw32/bin

コンパイル

Build keyboard firmware

Build
$  make iris/rev2:default

書き込み

Burn_keyboard_firmware
$  make iris/rev2:default:avrdude

Keymap 変更

動作が確認できたら、自分の好きな keymap に変更する。
keymap.c を編集する。

編集が終わったら、再度コンパイルと書き込みを行う。
keyboard の reset switch を押すように指示が出るのでボタンを押すと、書き込みされる。
左右別々に2回書き込むことになる。これは面倒くさいが、二つマイコンを使っているので仕方ない。

 

補足: Macの場合

HomeBrew がインストールされているとして、
Windows同様にgitでQMKをdownloadして、setupを実行する。

$ git clone https://github.com/qmk/qmk_firmware.git
$ cd qmk_firmware/
$ ./util/qmk_install.sh
$ sudo make iris/rev2:default