yumでremiリポジトリが落ちたときのミラーサイトによる対応

概要

remiリポジトリが落ちた際にリポジトリについて意識していなかった自分はあせったので、対処した際の手順についてメモします。

remiリポジトリについて

解説サイトが多々あるので参照してください
yumとかリポジトリとかとりまとめ

リポジトリ公式のTwitterBotはおそらく下記
RemiRepository

参照先をミラーサイトに置き換える

Dockerfileなどに下記のように記載されていた

$ rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

リポジトリサーバが落ちているので、当然接続できない。なのでミラーサイトに置き換える
ミラーサイト一覧

$ rpm -Uvh http://remi.conetix.com.au/enterprise/remi-release-6.rpm

すると、無事remi-release-6.rpmをとってきてくれる。
ただ、これだけだと続くyumがうまくいかない

$ yum install -y --enablerepo=remi-php56 php

Error: Cannot find a valid baseurl for repo: remi-safe
Could not retrieve mirrorlist http://rpms.remirepo.net/enterprise/6/safe/mirror error was
14: PYCURL ERROR 7 - "Failed to connect to 2001:bc8:33a1:100::1: Cannot assign requested address"

repoファイルの設定が元サーバのアドレスのままらしい。なので、そこも置き換える

$ sed -e "s/rpms\.remirepo\.net/remi.conetix.com.au/g" /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo > tmp.txt
$ cp tmp.txt /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo
$ sed -e "s/rpms\.remirepo\.net/remi.conetix.com.au/g" /etc/yum.repos.d/remi.repo > tmp.txt
$ cp tmp.txt /etc/yum.repos.d/remi.repo

これでひとまず対処できた

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.