Help us understand the problem. What is going on with this article?

Excelマクロから脱却しよう。HTMLとJavascriptでエクセルマクロで実現していた処理を実現する方法(JavaScriptで行追加、JavaScriptでCSVファイル読み込み、JavaScriptでCSVファイル出力)

背景

業務でよくエクセルマクロを作成したりメンテナンスしたりしますが、どうしても記述方法などが受け入れらませ。
ブラウザで出来ればとずっと思っていたので、開発することにしました。
有識者も多いHTMLとJavaScriptを使用してエクセルマクロから脱却します。

概要

  • JavaScriptでHTMLのタグを追加して行を追加することが出来ます。
    (列追加は対応していない為、HTMLを修正する必要があります)
  • JavaScriptでinputタグに入力された値達をカンマ区切り(CSVファイル)にしてダウンロード出来ます。
  • JavaScriptでファイルの内容をinputタグ内に追加することが出来ます。

上記のことが出来れば、エクセルを採用しなくてもよくなるのではないかと思っています。
なお、HTMLファイルをビジネス部門に渡して利用してもらう想定の為、JavaScriptを外部ファイルにしていません。

作成画面

業務で使うものになるので、見た目(CSS)は考慮しておりません。
必要であれば適宜追加するつもりです。
image.png

GitHub

https://github.com/KOJI-YAMAMOTO-GitHub/html-like-excel/tree/master
(2時間ほどで作成した為、無駄なロジックや不適切な変数名になっています。以降のプログラム変更は、GitHubにて行うつもりです。)

GitHub Pages

https://koji-yamamoto-github.github.io/html-like-excel/

プログラム

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <style type="text/css">
    </style>
    <script type="text/javascript">

        //行数保持変数
        var lineNumber = 0;

        /**
        *ファイルダウンロードメソッド
        */
        function onClickDownload() {

            //ファイルに出力する値を保持する変数
            var result = "";

            //ファイル名
            const filename = document.getElementById('downloadFileNmae').value;
            //ファイル名に値がない場合
            if (filename === "") {
                document.getElementById("errormessage").textContent = "ファイル名が未入力です。";
                return;
            }

            //行数分ループ
            for (var i = 0; i < lineNumber; i++) {

                //取得するタグのid名生成
                var idName = "record" + (i + 1);

                //該当のidが存在しなかった場合
                if (!document.getElementById(idName)) {
                    console.log("id = " + idName + " が存在しませんでした。処理をが終了します。");
                    break;
                }

                console.log((i + 1) + "行目の処理を開始しました。");

                //行内の値を保持する変数
                var valueList = [];

                //エラーメッセージを保持する変数
                var errormessage = "";

                //項目から値を取得する(項目数を増やした場合は、このループ数もそれに併せて増やす必要有)
                for (var j = 0; j < 5; j++) {
                    //取得するタグのclass名生成
                    var className = "text" + (j + 1);
                    //取得した値を保持する変数
                    var value = "";

                    //該当のclass名が存在した場合
                    if (document.getElementById(idName).getElementsByClassName(className)[0]) {
                        //class名に紐づく値を取得
                        value = document.getElementById(idName).getElementsByClassName(className)[0].value;
                        //配列に取得した値を格納
                        valueList.push(value);
                    }

                    //空が設定されていた場合
                    if (!value) {
                        errormessage = "値が設定されていない項目があります。";
                        document.getElementById("errormessage").innerHTML = "値が設定されていない項目があります。";
                        break;
                    }
                    console.log(idName + "." + className + " = " + value);
                }

                console.log(valueList);

                //取得した値をカンマ区切りで文字列結合(項目数を増やした場合は、これもそれに併せて増やす必要有)
                var valuesString =
                    valueList[0] + "," +
                    valueList[1] + "," +
                    valueList[2] + "," +
                    valueList[3] + "," +
                    valueList[4] +
                    "\r\n";

                console.log(valuesString);

                //ファイルに出力する為の値に設定
                result = result + valuesString;
            }
            console.log(result);

            //エラーメッセージが存在しない場合
            if (errormessage === "") {
                // ファイル出力
                outputFile(result, filename);
            } else {
                //エラーメッセージを出力
                document.getElementById("errormessage").innerHTML = errormessage;
            }
        }

        /**
        * ファイル出力処理
        * @param {string} value ファイルに出力する値
        * @param {string} filename ファイル名
        */
        function outputFile(value, filename) {

            var blob = new Blob([value], { "type": "text/plain" });

            // Internet exproerの場合
            if (window.navigator.msSaveBlob) {
                window.navigator.msSaveBlob(blob, filename);
            } else {
                const a = document.createElement('a');
                a.href = URL.createObjectURL(blob);
                a.download = filename;
                a.style.display = 'none';
                document.body.appendChild(a);
                a.click();
                document.body.removeChild(a);
            }
        }

        /**
        *行追加メソッド
        */
        function addRecord() {
            //行ナンバーをカウントアップ
            lineNumber++;

            //追加する箇所タグを取得
            var baseLineElement = document.getElementById('baseLine');

            //追加するタグ
            var addTag = "<tr id=record" +
                lineNumber +
                "><td><input class=text1 type=text name=name size=15 /></td>" +
                "<td><input class=text2 type=text name=name size=15 value=text2 /></td>" +
                "<td><input class=text3 type=text name=name size=15 /></td>" +
                "<td>" +
                "<select name=text4 size=1 class=text4>" +
                "<option value=TRUE selected>TRUE</option>" +
                "<option value=FALSE>FALSE</option>" +
                "</select>" +
                "</td>" +
                "<td><input class=text5 type=text name=name size=15 /></td>" +
                "</tr>";

            //タグを追加
            baseLineElement.insertAdjacentHTML('beforebegin', addTag);
        }

        /**
        *ファイル読み込みメソッド
        */
        function inputFile() {
            //ファイル読み込み
            var uploadFile = document.getElementById("inputFile");

            console.log(uploadFile);

            //読み込んだファイルの内容の出力先
            var outFrame = document.getElementById('errormessage');

            //ファイル内に1行以上文字列がある場合
            if (1 <= uploadFile.files.length) {
                //ファイル読み込みインスタンス作成
                var fileReader = new FileReader();

                //ファイルの読み込み成功時
                fileReader.onload = function (e) {
                    //ファイルの内容取得
                    var fileValues = fileReader.result;

                    console.log(fileValues);

                    //ファイルを1行ずつに分割
                    var splitValues = fileValues.split("\r\n");

                    //ファイルの行数分だけ画面の行を追加
                    for (var i = 0; i < splitValues.length; i++) {
                        //行追加メソッド呼出し
                        addRecord();
                    }

                    //ファイルの行数分だけループ
                    for (var j = 0; j < splitValues.length; j++) {

                        //1レコードをカンマ区切りに分割
                        var splitValues2 = splitValues[j].split(",");

                        console.log(splitValues2);

                        //カラム数分ループ
                        for (var k = 0; k < splitValues2.length; k++) {

                            var idName = "record" + (j + 1);
                            var className = "text" + (k + 1);
                            //追加したレコードに値を設定
                            document.getElementById(idName).getElementsByClassName(className)[0].value = splitValues2[k];
                        }
                    }
                }

                //ファイルの読み込み開始
                fileReader.readAsText(uploadFile.files[0], "shift-jis");

            }
        }
    </script>
    <title>Javascriptで行を追加してファイルをダウンロードする</title>
</head>

<body>
    <h1>Javascriptで行を追加してファイルをダウンロードする</h1>
    <h2>そろそろエクセルマクロから脱却したかったので、htmlとJavascriptでエクセルlikeなモノを作成してみました。</h2>
    <table>
        <tr>
            <td>ダウンロードファイル名</td>
        </tr>
        <td><input id="downloadFileNmae" type="text" name="downloadFileNmae" size="30" value="sample.txt" /></td>
        <tr>
            <td><input type="button" value="download" onclick="onClickDownload()" /></td>
        </tr>
        <tr>
            <td><input type="button" value="行追加" onclick="addRecord()" /></td>
        </tr>
        <tr>
            <td><input id="inputFile" type="file" /></td>
        </tr>
        <tr>
            <td><input type="button" value="ファイル読み込み" onclick="inputFile()" /></td>
        </tr>
    </table>
    </br>
    <table>
        <tr>
            <td>title1</td>
            <td>title2</td>
            <td>title3</td>
            <td>title4</td>
            <td>title5</td>
        </tr>
        <tr id="baseLine"></tr>
    </table>
    <div id="errormessage"></div>
</body>

</html>

プログラムの解説

未稿

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした