【初心者向け】Android公式ドキュメント ガイド アプリの基本1

プログラマーは公式ドキュメントを読まないといけない!とよく言われますが、
硬い文章に加えて、英語という壁もあり、なかなか捗らないものです。

なので、自分のためにもAndroid開発者が最初に読むであろうガイドドキュメントのあらまし、重要だと思うポイント、個人的な感想をまとめていきます。
(何段階かに分けます)

(公式ガイド)https://developer.android.com/guide/


項目一覧

1.概要
2.初めてのアプリを作成する
  ・概要
  ・Android プロジェクトの作成
  ・アプリを実行する
  ・簡単なユーザー インターフェースの作成
  ・別の Activity を開始する
3.アプリケーションの基礎


1.概要

Androidとは
・モバイル端末でアプリやゲームをJavaでビルドできる環境(アプリケーション フレームワーク)を提供する
・Android APIも使って色んな機能が実装できる
・1つの画面(アクティビティ)は色んな画面から自由に結びつく
・カメラとかハードウェア特有の機能も使える
・端末の種類がいっぱいあるから画面サイズとか気を付ける
という基本的な説明。

2.初めてのアプリの作成

〇概要

Android Studioで作成する。(https://developer.android.com/studio/)
だけど、インストール方法やjava、SDKの設定等は書いていないので、GoogleやQiitaとかで[AndroidStudio インストール]などで検索してAndroid Studioが使えるようにする必要あり。

〇Android プロジェクトの作成

とりあえず、プロジェクトの作成方法とAndroid特有のファイルの説明がある。

・app > java > com.example.myfirstapp > MainActivity.java
アプリをビルドして実行すると、システムによりこの Activity のインスタンスが起動され、そのレイアウトが読み込まれる

・app > res > layout > activity_main.xml
activity の UI のレイアウト

・app > manifests > AndroidManifest.xml
アプリの基本的な特徴一覧

・Gradle Scripts > build.gradle
build(ソースを実行形式にする)用のgradle(設定ファイル)
Cで言うMakefileみたいなもの
2 つあり、1 つはプロジェクト用でもう 1 つは「アプリ」モジュール用
モジュールの build.gradle ファイルにコンパイル、ビルド方法が書いてある。

〇Android アプリを実行する

実際の端末で実行とエミュレーターで実行する方法がある。

・実際の端末で実行

メリット
- 実際に自分の端末でどう見えて、どう動くのか確認できる
- 操作しやすい

[デメリット]
- USBのケーブルが必要
- 転送に少し時間がかかる
- 開発者モードにして、USBデバックを許可する必要あり
- 携帯の設定のシステムのビルド番号を7回タップして、開発者オプションに入り、USBデバックを許可する

・エミュレータで実行

[メリット]
- 高スペックマシンだと反映がサクサク

[デメリット]
- システムイメージをダウンロードする必要あり
- IntelのCPU出ないと高速エミュレーターが動かないので、AMDとかだとかなり厳しい

〇簡単なユーザー インターフェースの作成

はっきり言って、すごい分かりずらい説明。
作りたいレイアウトをネットに落ちているサンプルを見て、記録して、覚える
を繰り返していくと、アドリブでどんどん画面が作れるようになると思う。

それとstrings.xmlという文字列を保存するファイルもあるという内容。

〇別の Activity を開始する

activity(1 画面のこと)から、他のactivity(他の画面)に移動する方法が書いてある。

  • マニフェストに新しいactivity情報を追加する
  • 新しいactivityを作成する
  • 元のacitivityにIntentを作成する
  • 情報を送りたければputExtra()を追加する

〇Up ナビゲーションを追加する

アプリバーの Up ボタンをタップして親アクティビティに戻れるようにできる。
詳細は他の記事を見たほうが良い。

3.アプリケーションの基礎

AndroidアプリはJavaをコンパイルしてできる .apkという接尾語のファイル。
Linux上で動いて、権限等厳しくセキュリティが高い。

アプリには4つのコンポーネント(構成要素)がある。

  • アクティビティ
    • 1つの画面のこと
  • サービス
    • 長期間の操作や、バックグラウンドで動作する
  • コンテンツ プロバイダ
    • 共有されているアプリデータを管理する データベースとか
  • ブロードキャスト レシーバー
    • 画面がオフになった、バッテリ残量が低い、写真が撮影されたなどを察知してアプリを動かす

一つ一つ掘り下げて書くと大変なので割愛。

・コンポーネントをアクティベート(利用許可を出す)する

Androidは他のアプリのコンポーネントを直接アクティベートすることができるという話

アクティビティ、サービス、ブロードキャスト レシーバーはインテント(非同期メッセージ)によってアクティベートされる。
アプリが画面に表示されていなくても、裏で起動していることもある。

・マニフェスト ファイル

アプリの根本の設定を書き込むファイル

  • パーミッションの設定
  • APIレベルの設定
  • カメラなどの機器を利用する宣言
  • ライブラリの利用宣言(Googleマップライブラリ)
  • コンポーネントの宣言方法
    • <activity> アクティビティ用の要素
    • <service> サービス用の要素
    • <receiver> ブロードキャスト レシーバー用の要素
    • <provider> コンテンツ プロバイダ用の要素

・アプリのリソース

画像とかを別フォルダにおいて、R.drawabl.logといったように参照できる。
端末の向きやサイズによってリソースを使い分ける詳細は
https://developer.android.com/guide/components/fundamentals

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.