Help us understand the problem. What is going on with this article?

re:Invent 2018 で発表された Amazon AI 関連のアップデート情報をマッピング

More than 1 year has passed since last update.

この記事は株式会社ナレッジコミュニケーションが運営する Amazon AI by ナレコム Advent Calendar 2018
の1日目になります。

はじめに

Amazon AI とは

AWSでは世界最大のECサイトであるAmazonが培ってきた技術を素早く自社ビシネスに適用できるよう画像解析や文章認識をAIを利用するための多くのサービスが提供されています。

2018-12-01_06h10_29.png

アドベントカレンダーで目指すこと

このアドベンダーではこれらのAWSから提供されるサービスをわかりやすく説明していき、「Amazon AIでどんなことが出来そうか?」「自社のビジネスではどう役に立つのか?」といったことを検討していく際の一助になることを目指します。先日行われた re:Invent2018 では多くの機械学習関連のアップデートがあり、それらの情報も検証次第記事として公開していきます。

本題

re:Invent2018 での Amazon AI関連の発表

re:Invent2018 ではかつてなく機械学習関連の発表がありました。それについて公開されている情報を元に以下のようにマッピングをしてみました。
image.png
図に起こしてみるとマネージドサービスとインフラの領域に新規サービスが提供され、プラットフォームサービスであるSageMakerが強化されたということと、AWSが内部で利用してきたパーソナライズや時系列予測などの技術がAPIベースで提供され出したということが読み取れますね。

各種アップデート一覧

サービス名 ジャンル 内容 関連リンク
AWS Inferentia インフラ AWSが開発する機械学習向けチップ リンク
AWS Elastic Inference インフラ EC2に対する最適量のGPU適用サービス リンク
AWS DeepRacer ハード SageMakerやRoboMakerと連携する自動走行デバイス リンク
Amazon SageMaker Neo プラットフォーム デプロイ先を意識せずにモデルを最適化する リンク
Amazon SageMaker RL プラットフォーム 機械学習パイプラインを強化学習に適用する リンク
Amazon SageMaker Ground Truth プラットフォーム データへのラベル付け(アノテーション)を効率化する リンク
Amazon Forecast マネージド 時系列予測を行うサービス リンク
Amazon Personalize マネージド レコメンデーション及びパーソナライズをマネージドで提供 リンク
Amazon Textract マネージド OCRでデジタル化したデータの文字認識を行う リンク

まとめ

今回のre:Invent2018ではAmazonAI関連の多くの発表が行われました。基調講演の中でAmazon Forecastを利用することで「従来のサプライチェーンソフトウェアの10分の1のコストで、これまでよりも最大50%正確な予測を提供可能」と話が出たように、これらのサービスを理解し上手く使うことで従来のAI開発にかかっていたコストをかけずにAIを使いこなすことができます。

次回以降これらの検証記事をご紹介し実際にどのように使えるか、効果があるかをご紹介していきたいと思います。
お楽しみに!

関連リンク: ナレコムAWSレシピ

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away